投稿

くすみ肌や黒ずみ肌の原因がグリチルリチン酸ジカリウム(2K)配合美白クリームや美白化粧水?

イメージ
  弊社公式サイト内の「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」の連続記事を追記・補完のうえ、再編成いたしました。下記は 第3章 の一部内容の縮小版です。詳細記事をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリック下さい。 ( 連続記事第3章② よりの続き) 今回の記事では弊社のモニターさんの事例をあげて、グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸2K/グリチルリチン酸二カリウム/GKⅡ)不使用のコスメを使用することが、いかに美肌作りに大切であるかについて、書きたいと思います。 そのモニターさんは、乾燥性敏感肌でお悩みでした。幼少の頃に何らかの原因でお肌にカブレが生じた際に、お医者さんから処方されたステロイド剤を塗ったそうです。カブレはなんとかおさまったものの、お肌に黒ずんだうろこ状のできものが、頸部にできてしまいました。ステロイド剤の塗布頻度等の用法が、適切であったか否かは不明です。 その後も黒ずんだうろこ状のデキモノはずっと残ったままで、モニターさんご本人もご家族も、ずっと諦めていた状態でした。頸部の黒ずみを気にして、髪の毛をいつも長めにして、頸部の黒ずんだうろこ状のできものを隠すようにしていました。 ところが、弊社から支給したモニター用のタラソテラピー化粧水を使用して、お顔だけでなく頸部にも塗布し続けたところ、1年もしないうちに首周りから黒ずんだデキモノが消失してしまったのです。当初は単に乾燥肌対策としての保湿目的だったため、弊社にとってもまったく想定外の出来事でした。 タラソテラピーとは海水や海藻等海洋植物等の海洋資源を利用した、美容健康法です。この場合のタラソテラピーローションは、海洋ミネラルを利用したもので、お肌をポカポカさせながら血行や肌代謝を高める効果があります。ですからタラソテラピーは、冷え性の方には効果的ともいわれています。(ただし疾病の場合は、タラソテラピーは必ず主治医の先生とのご相談の上で!) タラソテラピーで血行が促進されるメカニズムを簡単にご説明をさせて頂くと、経皮摂取されたミネラルを血液がせっせと運ばなければならないため、自然と血流が盛んになります。ミネラルが皮膚に吸収される際にポカポカとするのは、ミネラルがイオン交換しながら角質層内に入るためです。これは充電中のスマホや携帯電話のバッテリーが熱くなるのと同じ理屈です。つまり、グリチリルリチン酸2

生活習慣病改善に薬に頼りきる方はコロナ禍でもワクチン開発に頼り切る?

イメージ
この記事は、弊社公式サイト内の「 新型コロナ論 第6部 健常者にとってCOVID-19は単なる風邪? 」の、分割記事です。 前回のブログ記事「アブラナ科野菜の過剰摂取でコロナ感染リスク高まる?」 よりの続きとなります。 10年近く前のcocolog記事 の内容が、健康雑誌を発刊しているマキノ出版さんの「壮快2020年8月号」に掲載されたことを、 cocolog記事 にてご紹介いたしました。その記事の内容が読者さんよりの反響が大きいため、「壮快2021年2月号臨時増刊号」にも掲載されました。 医療現場の先生方/お医者さま方が書かれた内容が大半を占めていて、私のような素人の記事は少なめです。しかしながら私の記事は読者様に人気のようで、問い合わせの電話が編集部に毎日数多く寄せられている様子です。 お話はコロナ対策からそれますが、高脂血症などの生活習慣病に罹患された方(患者さん)のうち、自らの食生活を含めた生活スタイルを改善することもなく、医薬品に頼り切る方が多くおられます。これでは1996年に厚生労働省が、「成人病」の呼称を「生活習慣病」変更した意味がないわけです。 生活習慣病を改善・治癒させるのは医薬品ではなく、自らの生活スタイルの改善です。弊社は海藻を美肌成分とした海藻パック(タラソパック)等のタラソテラピー商材を企画・販売している関係上、海藻の効用を熟知しております。私の知人で成人病に悩んでいる方が何人かいましたが、モズクや昆布等の褐藻類をはじめとする食用海藻の毎日摂取をおススメしたところ、主治医の先生が驚くほど病状が改善するなどの、著しい効果が出ることが珍しくありません。 マスコミが必要以上に取り上げることによるためか、国民の期待はワクチンの開発・供給に集中しているような気がします。もちろんワクチンの開発は、大切なことでしょう。しかしながらこれまでの記事に述べてきたように、風邪に対する有効なワクチンが今まで開発することができなかったのですから、有効かつ安全性の高いワクチンが出来上がるのは、きわめて奇跡に近いことと、言わざるをえません。 変異が激しいコロナウイルスに有効かつ安全性の高いワクチンに期待するよりも、もっと基本的に大切なことがあるのではないでしょうか! 下記の文言は、この本の序章です。 「自分自身や家族、そして大切な人たちの健康を守るために、今できることを

グリチルリチン酸2K/グリチルリチン酸二カリウム/GKⅡ)配合美白化粧品の常用でお肌が老化?

イメージ
   弊社公式サイト内の「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」の連続記事を追記・補完のうえ、再編成いたしました。下記は 第3章 の一部内容の縮小版です。詳細記事をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリック下さい。 ( 連続記事第3章① よりの続き) 前回の記事にて、グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸2K/グリチルリチン酸二カリウム/GKⅡ)によるステロイド様作用について述べました。今回の記事にてさらに、深めてまいりたいと思います。 糖尿病患者さんの体内では血糖値が上昇し、溢れた糖分(ブドウ糖)が皮膚を含む全身のあらゆる部位に、ダメージを与えることが知られています。お肌のハリの状態から、糖尿病の病状の進行状態を推し量るお医者さんが、少なくないようです。 お肌におけるダメージとは、行き場を失った多量のブドウ糖が肌細胞と結びつく、糖化作用(メイラード反応)によるものです。糖尿病患者さんの場合は免疫力が低下しているため、皮膚組織の壊死にも直結する場合が多いようです。 お話はグリチルリチン酸2Kに戻りますが、前回の記事では糖化に関するステロイド様作用を中心として書きました。じつはこのステロイド様作用が、糖尿病患者さんのお肌と似た状態に導く危険性があるのです。 グリチルリチン酸2K配合化粧水や美容液等コスメが塗布されたお肌は、お肌の内部で活性型コルチゾールが増え過ぎることになります。お肌はもちろん余分なブドウ糖を必要としていないわけですから、ゆゆしき事態です。肌内部では遊離糖が過剰に作り出されて、行き場を失うこととなります。 その結果糖分は肌細胞と結びついて大量の最終糖化産物(AGEs)を生成してしまうということになるわけです。すなわちグリチルリチン酸2Kが肌細胞内のメイラード反応を促し、老化肌を招く危険性があります。また、グリチルリチン酸2Kは、肌内部のタンパク質を分解して糖化するため、お肌のハリ/弾力を低下させる危険性もあります。 透明感のある美肌や美白効果を期待して、薬用美白化粧水等を使用される方は、たいへん多いと思います。もしその商材にグリチルリチン酸2Kが配合されている場合は、慎重になられるべきでしょう。 ( 連続記事第3章③   へ) ■ ココログ内の類似記事 ■ アメブロ内の類似記事 ■ Hatenaブログ内の関連記事 ■  グリチルリチン酸ジカリウム

チョコ代わり/チョコ以外のバレンタインギフトにバスソルトを! 本チョコ~義理チョコにも対応

イメージ
(今回の記事は弊社製品のPRです!) あと3週間足らずで、バレンタインデーです。大好きな彼氏さんや旦那さまへのバレンタインギフトは、もうお決まりでしょうか? もしチョコの代わりやチョコレート以外のバレンタインプレゼントをお探しなら・・・。 「コートダルモール ジャポネ」は、海塩にリラックス効果と美肌効果を高める海藻を配合した、弊社オリジナルの設計! アイボリックな微粉末のタラソテラピー入浴料です。 通常の海塩のみの白いタラソテラピー入浴料(弊社のコート・ダルモールに相当)に比べて、 ① 浴槽内でとてもリラックスできる! ② 潤い美肌効果に優れている!! などと、たいへんご好評を頂いております。 600G(600グラム容器入り)は、全国送料込みで8360円です。夏季は30~60回のご使用回数がオススメですが、冬季は15回~30回をおすすめしております。本チョコをお渡しする代わりの贈り物として好適です。 義理チョコ代わりの場合は、50G(50グラム入り)がおススメです。全国送料込みで880円です。夏季は2~5回のご使用回数がオススメですが、冬季は1~2回のご使用がおススメです。ただしタラソテラピーフリーク/タラソファンや温泉好きの方には、夏季でも1袋全量をおすすめしております。 なお、ラッピングサービスは、行っておりません。お客さまご自身でのセンスのよいラッピングをお願いいたします。そのかわりに600Gをお買い上げのお客様には、ブライダルエステ薔薇タラソセットを「おうちエステセット」として、プレゼントささえて頂きます。期間は2020年2月14日までで、お一人様1回限りとさせて頂きます。 ブライダルエステ薔薇タラソの内容は、バラ配合タラソテラピー海藻パック「マスク・ダルモール ロゼ30G」と、バラ配合タラソテラピー入浴料「コート・ダルモール ロゼ60G」各1個合計2個となります。お顔も全身もしっかり潤し、よりキレイにされてから、「コート・ダルモール ジャポネ」をプレゼントされてはいかがでしょうか! マスク・ダルモール ロゼは、フランス・ブルターニュの美肌海藻とオーガニックローズを美肌成分とする、ピールオフパックです。お肌に潤いを与えると同時に、お肌を柔らかくして引き締めます。 コート・ダルモール ロゼは、ジャポネをより美肌系に進化させた、弊社の

グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム/グリチルリチン酸二カリウム/GKⅡ)のステロイド様作用とは?

イメージ
  弊社公式サイト内の「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」の連続記事を追記・補完のうえ、再編成いたしました。下記は 第3章 の一部内容の縮小版です。詳細記事をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリック下さい。 ( 連続記事第2章④ よりの続き) グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸2K/グリチルリチン酸二カリウム/GKⅡ) にはステロイド様作用があるとされています。これはグリチルリチン酸2Kとステロイドの分子構造が酷似しているためだとされています。そのためにステロイド剤と同様の、 抗炎症作用や抗アレルギー作用があります。 アトピー性皮膚炎患者さんのスキンケア(アトピーケア)として、ステロイド剤の代わりにグリチルリチン酸ジカリウム(医薬部外品での表示はグリチルリチン酸二カリウム)配合化粧水が使用される場合もあるようです。ステロイド剤よりも作用が穏やかであり、副作用も軽微といった認識からのようですが、これには大きな落とし穴があるようです。(詳しくは後段にて) また 同じ作用をしないまでも、ステロイド剤とは違った経路をたどって、結果的には同じ作用を及ぼす例もあるようです。グリチリルリチン酸2Kは、体内のたんぱく質や脂肪をブドウ糖に変える「糖化作用」があります。この場合の「糖化」とは、最近注目されている「最終糖化産物(AGEs)」を産生する作用である「糖化作用(メイラード反応)」とは別のものです。 ステロイド剤が救命措置として必要とされる例として、患者さんがショック状態の低血糖の生命が危険な時に、ステロイドが投与されることがあるようです。これはステロイド剤が体内での糖化促進して、血糖値を上げる作用を狙ったものです。 糖化に関与する副腎皮質ホルモンには、「活性型コルチゾール」と「不活性型コルチゾン」があります。活性型とは、糖化させる力のあるとされています。じつはステロイド剤の主要な有効成分は、この「活性型コルチゾール」というわけです。 「活性型コルチゾール」は生体内から分泌される“11β-HSD2”と呼ばれる変換酵素により、「不活性型コルチゾン」に変換されることが、最近明らかとなっています。また一方では、「不活性型コルチゾン」を「活性型コルチゾール」に変換する酵素“11β-HSD1”が分泌されることも、わかってきています。 これらの酵素は体内での「活性型コルチゾール

グリチルリチン酸二カリウム(グリチルリチン酸ジカリウム)の副作用と危険性

イメージ
  弊社公式サイト内の「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」の連続記事を追記・補完のうえ、再編成いたしました。下記は 第2章 の一部内容の縮小版です。詳細記事をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリック下さい。 ( 連続記事第2章③ よりの続き) 過去の記事にてグリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸2K/グリチルリチン酸二カリウム/GKⅡ)が配合された化粧水等コスメの 他の美肌成分がお肌に刺激を与える等のお肌に合わない時は、グリチリルリチン酸2Kがもつ抗炎症効果や抗アレルギー効果によって、お肌が保護されることを述べました。 ですからグリチリルリチン酸2K配合コスメは、お肌が弱い敏感肌やアトピー肌(アトピー性皮膚炎)にとっては、たいへん安心なように思えます。そういうことで敏感肌用化粧水などには、このグリチルリチン酸2Kがよく配合されています。 しかしグリチルリチン酸2Kが、お肌を健やかにする効果があるわけではありません。むしろグリチルリチン酸2Kはステロイド剤と同様に、生命を危険にさらす危険性さえもあります。なぜなら炎症もアレルギー反応も本来は身体に備わった生命保護のシステムで、すなわち免疫システムだからです。 身体に経皮摂取されては危険だから、アレルギー性皮膚炎などを生じさせて、アレルゲンや危険な化学物質などの有害物質の経皮摂取を免れようとするわけです。炎症はアラームであり、警告ランプとも言えます。グリチルリチン酸2Kの一番恐ろしい点は、このアラームを鳴らないようにしてしまうのです。 それが具現化したのが、お茶石鹸(医薬部外品)による加水分解小麦アレルギー事故と、薬用美白化粧水(医薬部外品)のロドデノール白斑事故であると考えられます。あまり焦点とならなかったのですが、両スキンケア製品には有効成分として、「グリチルリチン酸二カリウム」との記述がありました。 もしこれらのコスメにグリチルリチン酸2Kが配合されていなかったら、これらの大惨事は発生しなかった可能性が高いと考えられるわけです。とくに薬用美白石鹸の場合は、重篤なアナフィラキシーショックに陥るような、生命の危険にさらされた方がたくさんおられたと、聞き及びます。 このようにグリチルリチン酸2Kの偽美白効果を悪用することは、とても危険な行為なのです。 この偽美白効果の悪用については、厚生労働省においてこの薬用美

美白化粧水等コスメや薬用化粧品で美白ケアし続けると肌代謝/ターンオーバー低下の副作用!

イメージ
弊社公式サイト内の「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」の連続記事を追記・補完のうえ、再編成いたしました。下記は 第2章 の一部内容の縮小版です。詳細記事をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリック下さい。 ( 連続記事第2章② よりの続き) グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸2ジカリウム/グリチルリチン酸二カリウム/GKⅡ) 配合美白化粧水や薬用美白化粧品(医薬部外品)を塗布して、血の気が引いたような病的な白さが保たれている間は、お肌の血行が極端に低下していることになります。そうなればお肌の毒素排出を含む肌代謝は困難となり、老廃物が皮膚組織や皮膚の下ににたまることになります。 お肌に老廃物などの汚いモノがたまるわけですから、当然ながらくすみ肌や黒ずみ肌の原因となるでしょう。またお顔にシミができた場合でも、とても消えにくくなるでしょう。なぜならシミの解消には、充分な血行が不可欠だからです。 弊社の経験では、グリチルリチン酸2K不使用コスメを使用するなどしてお肌の血流改善がなされると、シミは消失したり薄くなります。これは稀なケースとうわけではなく、弊社製品をご使用のお客様よりもよくうかがうお話です。それも目に見えての、改善効果があるようです。 大半の女性は、化粧品に美白効果をお求めであり、美白化粧品や薬用美白化粧品はとても人気のアイテムです。美白石鹸や美白化粧水や美白美容液など、ありとあらゆるスキンケア製品に及びます。それらの化粧品などにグリチルリチン酸2Kが配合されていて美白効果が大きく宣伝されている場合は、ご購入やご使用には慎重になるべきでしょう。 過去の記事でも述べましたが、漢方では甘草の長期使用/常用はタブーという原則があるため、グリチルリチン酸2K配合の美白化粧品などは本来は、常用/長期使用すべきではありません。お肌に塗布してすぐにお顔が白くなるのであれば、それは間違いなく「偽美白効果」であり、長く使用すればするほど、そのぶんだけ後々に、大きな代償を支払う羽目になりましょう。 なお、グリチルリチン酸2K配合品で実際にお肌のトラブルに見舞われた方の記事は コチラ です。もともとお肌が白くて綺麗なのに、より白いお肌になりたいと欲張って同化粧品成分配合薬用石鹸を毎朝夕使用し続けたために、お顔にひどい浮腫が生じてしまいした。 ( 連続記事第2章④ へ)