投稿

グリチルリチン酸二カリウム配合薬用シャンプー 肌代謝低下でフケが出にくくなるのは当たり前!

イメージ
  弊社公式サイト内の「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」の連続記事を追記・補完のうえ、再編成いたしました。下記は 第5章 の一部内容の縮小版です。詳細記事をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリック下さい。 ( 連続記事第5章① よりの続き) グリチルリチン酸二カリウム(グリチルリチン酸ジカリウム、グリチルリチン酸2K、GKⅡと同じで医薬品や医薬部外品への配合の場合はこの表記となる) を有効成分として配合された薬用シャンプーには、さまざまな効果効能が宣伝されています。たとえば頭皮に対する効果をみれば、①炎症を抑える、②痒みを抑える、③フケを抑える、④頭皮を健康に導くといった一見魅力的な効果効能が、定番のようです。下にこれらの効果効能を列記しますが、それぞれの効能の負の部分も理解しておくべきでしょう。 ①炎症を抑える 炎症を抑えるということは、自己免疫機能を低下させて、人体に有害物質を経皮摂取させることになるデメリットも生じます。もし頭皮に炎症があるのであれば、炎症の原因を特定し、早目に治療すべきでしょう。 ②痒みを抑える これも①と同様で、痒みの原因を特定すべきでしょう。もし頭皮が乾燥肌であるなら、しっかりと保湿すべきでしょう。グリチルリチン酸ジカリウム配合ヘアケア商材を長期間使用すると、痒み止め効果はだんだんなくなって、やがては痒くてたまらない、悲惨な状況に陥るかもしれません。 ③フケを抑える グリチルリチン酸二カリウムは肌代謝を低下させるため、フケが出にくくなるのは当然のことでしょう。 健康な頭皮であっても、適度なフケは出るものです。過度にフケが発生するのであれば、やはりその原因を早めに特定すべきでしょう。 ④頭皮を健康に導く グリチルリチン酸二カリウム配合商材を常用/長期使用することで、頭皮が脆くなることが医療関係者より報告されています。また頭皮を構成するたんぱく質を糖化させるため、頭皮が薄くなる危険性もあります。 以上のことから、グリチルリチン酸二カリウム配合薬用シャンプーのご使用は、短期間に限ってのご使用が安全といえるでしょう。なお皮膚科に通院されている方は、必ず主治医の先生にご相談下さい。(続きの   連続記事第5章③   へ) ■  ココログ内の類似記事 ■  アメブロ内の類似記事 ■  Hatenaブログ内の関連記事 ■  グリチルリチン酸

花粉症対策になるかもしれないフキ(ふき)を食することは間接的にコロナウイルス対策!?

イメージ
  この投稿記事は、 弊社公式サイト 内の、 美容・健康情報館の記事 をもとに、縮小版として作成しました。ココログ記事の「壮快」臨時増刊号への掲載に関する 前回の記事 よりの続きです。 期待半分またはダメ元で、コロナ対策としてフキを! 花粉症による目の痒みなどで、新型コロナウイルスに感染する危険性が指摘されています。手に付着しているコロナウィルスが傷付いた目の粘膜を通して感染する危険性があるからです。また咳やくしゃみを繰り返すことでダメージを受けて弱った粘膜は病原体に攻撃されやすくなります。したがいまして花粉症対策は、コロナ対策でもあるわけです。 公式サイト内の過去の記事 にても、フキが花粉症対策として有効である可能性について書きましたが、私が知る限りでは、フキが好きまたはフキが食卓に上るご家庭の方には、花粉症でお困りの方はまずおられないのです。先日お話した方にいたっては、ご家族7人の方すべてフキをよく召しあがっておられていた、花粉症でお困りの方はおられないとのことでした。 フキがもし高価な食材であれば、このような記事は書かないでしょう。フキは特段高価な食材ではなく、貧富に関係なく平等に食せる食材です。花粉症でお悩みの方には、ぜひとも試して頂きたいのです。もし効果がなくても、おいしいだけでよろしいのではないでしょうか! フキは春先の旬の食材として、和食には欠かせません。和食を啓蒙することは、少なくとも肥満等の生活習慣病発症を防ぐ効果が顕著にあることから、間接的にコロナ対策になることは明らかなことでしょう。 ( ココログのオリジナル記事 ) (アメブロの類似記事) (はてな縮小版記事)

乾燥肌や敏感肌や化粧崩れでお悩みならファンデーション直塗り可能な化粧水がおすすめ!

イメージ
  (今回の記事は、弊社製品に関するものとなります。) 顔じゅうが乾燥していて毛穴の開きがひどい・・・ 小鼻や額のテカリが酷くて、メイク崩れしやすい・・・ 敏感肌でダブル洗顔したくはないけれど、しないとメイク落としできない・・・ このようにお悩みの方はぜひ、手作り化粧水材料「アクア・ダルモール77ミネラル」のおすすめレシピで出来上がった化粧水塗布後の、ファンデ直塗り・下地不使用をお試し下さい。 ただいま「化粧下地不使用ファンデ直塗りキャンペーン」を実施致中! キャンペーンの詳細は、 主要ブログcocolog記事 をご覧下さいませ。 ■  弊社公式サイト ■  メインブログ cocolog ■  サブブログ アメブロ ■  hatenaブログ ダイジェスト版 ■  インスタグラム ■  facebook ■  Twitter

グリチルリチン酸ジカリウム(2K)の「保湿効果」はセルライトの原因となる「むくみ効果」!

イメージ
弊社公式サイト内の「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」の連続記事を追記・補完のうえ、再編成いたしました。下記は 第5章 の一部内容の縮小版です。詳細記事をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリック下さい。 ( 連続記事第4章④ よりの続き) グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸2ジカリウム/グリチルリチン酸二カリウム/GKⅡ) を保湿成分とする、美容サイトや化粧品製造会社があるようです。はたした正しいでしょうか? グリチルリチン酸ジカリウムに保湿効果があるとする主張は、マメ科植物の特性を過大解釈したものと考えられます。水分に乏しい荒涼とした土壌であっても、マメ科植物は根を地中深くまで伸ばして、たくましく生き抜きます。その貧しい土壌からいったん吸収した水分を体内にしっかりため込み、なかなか放出しません。どうやら、この水分をはなさないという特性を、「保湿効果」としているようです。まさにこの性質を、グリチルリチン酸2Kはもっています。 グリチルリチン酸2Kが体内に取り入れられた場合は、体内に水を蓄積しやすくなります。グリチルリチン酸2Kを多量摂取した場合に発症する偽アルドステロン症の場合はまさに典型的であり、体内のカリウムを排泄させて、ナトリウム濃度を上げます。ナトリウムとカリウムは体内で拮抗するミネラルであり、体内でナトリウムが増えすぎると高血圧になり、身体がむくみます。 以上のことから、グリチルリチン酸2Kがもつのは「保湿効果」ではなく、望ましくない「むくみ効果」なのです。むくむと当然ながら新陳代謝が低下して、お肌に汚いモノが溜まってセルライトの原因となったり、必要な栄養がお肌に届かずお肌は綺麗になれないでしょう。 広義の意味では「むくみ効果」は「保湿効果」に含まれるかもしれませんが、読者様はそのような保湿効果をお望みですか!?(続きの   連続記事第5章②   へ) ■  ココログ内の類似記事 ■ アメブロ内の類似記事 ■  Hatenaブログ内の関連記事 ■  グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ 序章(目次を含む) ■  弊社公式サイト ■  メインブログ cocolog ■  サブブログ アメブロ ■  hatenaブログ ダイジェスト版 ■  インスタグラム ■  facebook ■  Twitter

薬用美白化粧品のセット/シリーズ買いが老化肌の原因にも! グリチルリチン酸ジカリウム(2K)の重複にご注意

イメージ
  弊社公式サイト内の「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」の連続記事を追記・補完のうえ、再編成いたしました。下記は 第4章 の一部内容の縮小版です。詳細記事をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリック下さい。 ( 連続記事第4章③ よりの続き) グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸2ジカリウム/グリチルリチン酸二カリウム/GKⅡ)配合薬用化粧水等医薬部外品や美容液等コスメを常用/長期使用は、不必要なお肌の老化を促して美肌を奪い去る副作用の危険性があることは、これまで書いてきたとおりです。しかし やむを得ず、グリチルリチン酸2K配合品を、使用することもあるでしょう。その場合には、下記のようなことは避けるべきでしょう。 ① 同化粧品成分配合商材(化粧水や美容液)の行き過ぎた重ね塗り ローションや化粧水まるごと1瓶を、数日のうちに使い切る方がおられるようです。化粧水が角質層に浸透した際の透明感を楽しみたいがために、何度も何度も重ね塗りをされるようです。 もしその化粧水にグリチルリチン酸2Kが配合されているのであれば、安全確保のための同化粧品成分の上限配合量などは、意味をなさないこととなります。 ②同化粧品成分配合石鹸や化粧水等コスメの重複使用 お肌の血流が悪化して病的に白くなる「偽美白効果」に魅せられた方は、グリチルリチン酸2K配合洗顔石鹸やグリチルリチン酸2K配合化粧水やグリチルリチン酸2K配合美容液やグリチルリチン酸2K配合乳液を使用するといった例は、けっこうあるようです。とくに薬用化粧品でシリーズ買い/セット購入した場合などは、要注意でしょう。グリチルリチン酸2K配合コスメはせねて一つにするなどの工夫が望まれるでしょう(続きの   連続記事第5章①   へ) ■  ココログ内の類似記事 ■  アメブロ内の類似記事 ■  Hatenaブログ内の関連記事 ■  グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ 序章(目次を含む) ■  弊社公式サイト ■  メインブログ cocolog ■  サブブログ アメブロ ■  hatenaブログ ダイジェスト版 ■  インスタグラム ■  facebook ■  Twitter

シンプル配合化粧水等コスメが美肌効果が高い理由 美白効果や贅沢配合はほどほどに!

イメージ
  弊社公式サイト内の「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」の連続記事を追記・補完のうえ、再編成いたしました。下記は 第4章 の一部内容の縮小版です。詳細記事をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリック下さい。 ( 連続記事第4章② よりの続き) グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸2ジカリウム/グリチルリチン酸二カリウム/GKⅡ)配合薬用化粧水等医薬部外品や美容液等コスメを長期使用/常用すると、シワの増加などの肌老化の原因になることを、これまで書いてまいりました。 同化粧品成分配合商材を積極的に購入される消費者の方は、それほど多くないように思われます。知らないうちに同化粧品成分配合製品をお使いの方が、大半だと思われます。 弊社は化粧水を手作りするための材料や容器も販売しているため、自称「超敏感肌」のお客様より、さまざまなご質問をよく頂戴します。その際にお話の話題がお客様がお使いの化粧水に移った時点で初めて、グリチルリチン酸2K配合化粧水をお客様がお使いであることに、気付かれることがよくあります。要するに、知らないうちに同化粧品成分配合コスメ等を、使用してしまっているわけです。 そういった状況に陥る方には、下記のような傾向があるようです。 ① 美白効果が宣伝されているコスメに飛びついてしまう方 白いお肌に強い憧れがあり、美白効果が宣伝されている美容液等コスメを見つけると、衝動買いしてしまうタイプの方です。もちろんその美白効果はこれまで述べてきたように「偽美白効果」なのですが、そのようなことはお構いなしです。 ② 贅沢感や高級感が強調されているコスメに未了される方 たくさんの種類の美肌成分がリッチに配合されているコスメを、選択する傾向がおありの方です。ゴージャスな気分でお肌が美しくなることを、つい夢見てしまいます。そういった方のうち、実際の効果まで気にされない方は、少なくないようです。配合される 化粧品成分が多くなればなるほどアレルギーのリスクが高まるため、それを抑えるためにグリチルリチン酸2Kが配合されやすいことなどは、もちろん気づきもされないでしょう。 望みもしない グリチルリチン酸2K配合コスメの長期使用/常用を避けるためには、①過度な美白効果の追及は控え、②できるだけシンプルな配合のコスメを選択することに尽きるでしょう。ひとことで言えば、「欲張らないこ

美白効果の高いクリームや美白美容液や美白化粧水や美白パックには副作用の危険性?

イメージ
  弊社公式サイト内の「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」の連続記事を追記・補完のうえ、再編成いたしました。下記は 第4章 の一部内容の縮小版です。詳細記事をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリック下さい。 ( 連続記事第4章① よりの続き) 少なからずの美肌作りに悪影響を与える危険性のあるグリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸2ジカリウム/グリチルリチン酸二カリウム/GKⅡ) ですが、それではどの程度の配合量の化粧水等コスメであれば、毎日使っても安全性が高いかといえるのでしょうか? 下記は法的に定められているグリチルリチン酸2Kの、化粧品へ配合する場合の上限量です。(医薬部外品/薬用化粧品の場合は、若干の違いあり。) これらの上限量を守っていれば、偽アルドステロン症などのシリアスな副作用は発現しないであろうというものです。 ① 粘膜に使用されない且つ洗い流すもの: 0.8% ② 粘膜に使用されない且つ洗い流さないもの: 0.5% ③ 粘膜に使用されるもの: 0.2% しかしこのテーマで論じていることは、お肌を美しく保つまたは美しくすることです。すなわち上記の数値は、お肌を美しく保つことは、一切担保していません。 たとえばグリチルリチン酸ジカリウムを配合したコスメ/化粧品や薬用化粧品を塗布した直後にグリチルリチン酸ジカリウムを配合していないスキンケア製品よりも著しくお肌が美白(偽美白)されるのであれば、それはすでに「血行不全」や「新陳代謝低下」の副作用を起こしているということです。 そのような偽美白効果の高い同化粧品成分配合化粧水や美容液を毎朝塗布して、たとえば夕方まで白くあり続けるということは、美肌作りに大切なターンオーバーの機会を、半日も奪っているということになります。そしてさらに就寝前にも同化粧品成分配合化粧水等を塗布したり、グリチルリチン酸配合石鹸などで洗顔をするのであれば、ほぼ一日じゅう新陳代謝がまともにできないことに! 何らかの目的があって短期的な使用であれば、グリチルリチン酸2K配合コスメの短期間の使用は、やむを得ないでしょう。しかし長期使用常用するのであれば、、お肌が白くならない程度のグリチルリチン酸2K配合品に、とどめておくべきでしょう。そして使用頻度も可能な限り少なくして、血流や肌代謝を少しでも阻害しないことが望まれるでしょう。 (続き