投稿

5月, 2019の投稿を表示しています

グリチルリチン酸ジカリウム含有の甘草は漢方では長期服用は危険!

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)を有効成分とする甘草(カンゾウ根)は漢方薬の世界では、長期服用は危険なためタブーとされています。

しかし日本の化粧品限界では、先人の教えが軽視されて、健康被害が生じているのが現実です。

その最大の事故は、ロドデノール白斑事故と小麦アレルギー事故でしょう。

アメブロの類似記事




公式ホームページ

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)の偽美白効果

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

化粧品や薬用化粧品へのグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)のデメリットは、美肌作りには致命的な性質があります。

新陳代謝や血行/血流が低下して、お肌がくすんだり黒ずんだり、ひどい場合にはお顔に浮腫(セルライト)ができることもあります。

これは偽美白効果の副作用といえるでしょう。

アメブロの類似記事




公式ホームページ

アトピーケアとしてのニガリ・温泉のもとや入浴剤について

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

ニガリ(にがり/苦汁)とよばれるものには、2種類あります。は? ひとつは、貴重な微量ミネラルを含有する高価な「組成塩化マグネシウム」です。

もうひとつは高純度の「塩化マグネシウム」で、冬季に道路わきに融雪剤(解氷剤/凍結防止剤)として25kg入りか30kg入りの袋で設置されています。

この融雪剤と同じものが小分けされて、インターネットショップでニガリ入浴剤として販売されています。

25kgで2000円~3000円程度のものが、1kgで1000円~2000円といった感じです。

はっきりいって粗製塩化マグネシウムほど、リラックス効果はありません。

保湿効果も、粗製塩化マグネシウムほどありません。

この記事が、読者様の意図しない出費の歯止めの、一助となれば幸甚です。



公式ホームページ

ヒノキチオールとグリチルリチン酸ジカリウムの組み合わせは要注意

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

化粧水や薬用化粧水(医薬部外品)などに使用されるヒノキチオールは、天然由来だから安全という宣伝がされています。

しかし今まで人類は、ヒバ油からの抽出物を高濃度で配合した化粧水等を使用した経験がほとんどありません。

肌荒れや皮膚炎等の症状が出たら、すぐに使用を中止すべきでしょう。

「天然=安全」と過信すれば、ご使用の中止が遅れる場合があるようです。

アレルギー性皮膚炎である可能性があり、使い続けるとアレルギーが重篤化する危険性があります。

お肌が弱いアトピー肌(アトピー性皮膚炎)の患者さんでの、健康被害事例もあるようです。

なおグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)も配合されている場合は、抗炎症効果や抗アレルギー効果の為、アレルギー発症を見落とすこともあるようで、より注意が必要のようです。

この記事が、皆様の快適で安全なコスメライフの、一助となれば幸甚です。



公式ホームページ

お風呂上がりの保湿効果! バスソルト コートダルモール

イメージ
弊社公式サイト内の、タラソテラピー入浴料「コートダルモール」の製品紹介ページを、見やすくリニューアル致しました。

コートダルモールは、フランス・ブルターニュの清浄な海域から採取、脱塩・乾燥粉末化した海塩100%の、ベーシックタイプのタラソテラピー入浴料です。

浴槽内でうっとりとするような優れたリラックス効果と、お風呂上がり時の乾燥を抑える優れた潤い効果で人気です。

ご使用方法としては、150~200Lのお湯に対して30~40グラムを投入して頂きます。

ただし乾燥肌対策程度であれば、10グラムでも効果が十分あることが、医療機関でも実証済みです。

弊社自らが直接原料を輸入しているため、他社さんの同等品よりもお安くご提供させて頂いております。

お値段等に関しましては、弊社公式サイト内のコートダルモールのページにて、ご確認下さい。

アメブロの類似記事




公式ホームページ

石膏パック お試しセット 全国送料無料通販 アルガアイ

イメージ
弊社公式サイト内の、ソフト石膏パックお試しセットの紹介ページを、リニューアル致しました。

弊社の商材は、非発熱型のソフト石膏パックです。

発熱しないタイプのため、低温やけどの危険性がありません。

ベーシックタイプの「マスクダルモール ブリアン」と、オーガニックローズ配合の「マスクダルモール ロゼ」がございます。

ベーシックタイプのブリアンでも、開いた毛穴対策・テカリ対策・いちご鼻対策・粉吹き肌対策として、充分効果を発揮します。

上記のお肌のお悩みはすべて、お肌の砂漠化から生じます。

すなわちブリアンは乾燥肌対策として、卓越した効果を発揮します。

もちろん通常の石膏パックにある、お肌の引締め効果も備えております。

ロゼはさらにお肌を柔らかく美しくする効果があり、ブライダルエステ業務用としても、全国のエステサロン様でとても人気です。

ブリアンもロゼも、ノンピーリングの敏感肌用です。

ご興味がございましたらぜひ、アルガアイのマスクダルモールをお試し下さいませ。

ソフト石膏パックの総合ページ

エステサロン様向け同ページ

公式ホームページ

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)の効果/メリット

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

化粧品や薬用化粧品へのグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)の配合目的は、抗炎症作用や抗アレルギー作用です。

化粧水等コスメに配合されている他の美容成分がお肌に悪さをするのを、防ぐ働きです。

これは言い換えれば、化粧品に低刺激性をもたせて、敏感肌用化粧品に仕上げるということです。

しかしこれは逆から言えば、配合する他の化粧品成分の安全性が高ければ,グリチルリチン酸ジカリウムを配合する意味はほとんどなくなります。

抗アレルギー効果や抗炎症効果の他にも、悪しき配合目的もあるようです。

それはグリチルリチン酸ジカリウムの血行低下作用を悪用して、美白効果があると宣伝することです。

これは薬用美白化粧水等で、よく使われる手法です。

美白クリームの場合は、脂溶性のグリチルレチン酸ステアリルがよく配合されます。

血の巡りを悪くしてお顔を青白くさせるわけですから、これは偽美白効果です。(次回へ続く)

アメブロの類似記事




公式ホームページ

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)の老化促進の危険性

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)のステロイド様作用により、同化粧品成分配合コスメが塗布された皮膚組織内部では、糖があふれる状態となります。

この状態は糖尿病患者さんのお肌と、同じ状態というわけです。

このことから、グリチルリチン酸ジカリウム配合化粧水をお肌に塗布すれば、お肌が脆くなり、老化が促進される副作用が懸念されます。(次回へ続く)

アメブロの類似記事




公式ホームページ

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)のステロイド様作用

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)のステロイド様作用は、ステロイド剤とは必ずしも同じ経路ではなく、別の経路をたどって同じ効果をもたらすものもあるようです。

このグリチルリチン酸ジカリウムのステロイド様作用は、ステロイド剤と比べると微弱との見方が一般的です。

しかしグリチルリチン酸ジカリウム配合洗顔石鹸で洗顔し、グリチルリチン酸ジカリウム配合化粧水で保湿し、グリチルリチン酸ジカリウム配合美容液でお肌を整えるといった重複使用で、ステロイド剤より微弱とは言い切れない危険性があります。(次回へ続く)

アメブロの類似記事




公式ホームページ

グリチルリチン酸ジカリウム(2K)配合化粧水等化粧品で即効美白は危険!

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

化粧品や薬用化粧品へのグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)の配合量は、法令で厳しく制限されています。

数値的には、上記の記事をご覧ください。

ただ、数値でとらえても、具体的にどのレベルが危険ということは、なかなかわかりづらいところがります。

アルガアイ流に申し上げるなら、同化粧品成分配合化粧水等を塗布した後に、お顔が著しく真っ白になるようなレベルであれば、長期連用すべきスキンケア製品ではないでしょう。

お顔が美白(偽美白)されている間は血行が著しく阻害され、お肌の健康は失われおのずと美しさを失います。

医療の現場で血行を阻害することが求められることがあるでしょうが、スキンケアにとっては毒性以外の何物でもありません。(次回へ続く)

アメブロの類似記事




公式ホームページ

漢方薬での甘草は無条件で安全性が高いわけではなく副作用も強い!

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)を有効成分とする甘草は、漢方で使用されていたから安全な成分だと、インターネット上でよく書かれています。

しかし漢方薬は、服用する患者さんの体質や症状、そして病状の段階が違った場合は、重い副作用を引き起こすことがあります。

したがいまして、漢方薬の基本に沿えば、手作り化粧水などで甘草エキスやグリチルリチン酸ジカリウムは安易に使用すべきではなく、また高配合はどはもってのほかでしょう。

甘草は正しく使用してこそ、高い安全性が確保される、それが漢方の教えでしょう。(次回へ続く)

アメブロの類似記事




公式ホームページ

化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウム ≒ グリチルレチン酸ステアリル

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

美容液や化粧水等化粧品や薬用化粧品に使用されるグリチルリチン酸ジカリウムは、マメ科植物である甘草が含有する有効成分です。

「グリチルリチン酸2K」または「グリチルリチン酸二カリウム」とも、表記されることがあります。

保湿クリームに使用される場合は、脂溶性の「グリチルレチン酸ステアリル」がよく使用委されます。

経皮摂取されてしまえば、すべて同様の働きをします。(次回へ続く)

アメブロの類似記事




公式ホームページ

グリチルリチン酸ジカリウムとロドデノール白斑・小麦アレルギー事件との関係

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

インターネット上を見る限りでは、グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)は安全な化粧品成分というご意見が、大勢のようです。

しかしグリチルリチン酸ジカリウムと今世紀に発生した薬用化粧品の2大事故との因果関係に言及しているサイトは、あまり見かけません。

あの加水分解コムギアレルギー事件を引き起こした薬用石鹸と、ロドデノール白斑事件を引き起こした薬用化粧水には、グリチルリチン酸ジカリウムがしっかりと配合されておりました。

グリチルリチン酸ジカリウムが配合されていて、美白効果が宣伝されている薬用化粧水等には、注意が必要です。同成分による即効性の美白効果は、偽美白効果です。(次回へ続く)

アメブロの類似記事

はてなブログ縮小版記事

ココログの類似記事

ライブドアブログの類似記事



公式ホームページ

アレルギーテスト済みの化粧品や洗剤 敏感肌やアレルギー体質にも安全?

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

「アレルギーテスト済み」と表示された化粧水や美容液等コスメや、洗濯用洗剤が人気のようです。

これなら敏感肌の私にも安全!

この洗剤ならアレルギー体質の子供にも安心!

そのように思われがちですが、そこまで安全性が高くない場合があります。

なぜなら、アレルギー体質の方やお肌が弱い敏感肌の方が、アレルギーテストに参加することは、きわめて非現実的だからです。

詳しくお知りになりたい方は、上記のリンクより記事へアクセスして下さい。

この記事が、皆様のお肌の健康のお役に立てれば幸甚です。

アメブロの類似記事

はてなブログ縮小版記事

ココログの類似記事




公式ホームページ

ピールオフパックの効果と危険性 ノンピーリング敏感肌用ピールオフパック

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

ピールオフパックには、鼻パックに代表されるピーリング効果のあるピーリングパックもあれば、保湿を目的としたノンピーリング敏感肌用のピールオフパックもございます。

ピーリングパックの場合は、強力な粘着剤で黒ずんだ角栓やくすんだ角質層の表皮を剥がし取ります。

一時的には汚れが取れたような感じとなりますが、より強度の乾燥肌に陥り、毛穴がもっと大きくなる危険性があります。

詳しくお知りになりたい方は、上記のリンクより記事へアクセスして下さい。

この記事が、皆様のお肌の健康のお役に立てれば幸甚です。

アメブロの類似記事

はてなブログ縮小版




公式ホームページ

石膏パック セルフ石膏パックや不慣れな施術で低温やけどの危険性

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

エステサロンさんでの人気の施術は、なんといっても石膏パックでしょう。

お肌がとても引き締まり、とても美しくなります。

しかしこの石膏パックをご自宅でお一人ですると、逆効果となる場合も!

それはホームエステとしての、セルフ石膏パックです。

お一人でするので、石膏ペーストの厚みのむらができてしまいます。

ムラができると、厚い部分は熱く、薄い部分はあまり温度が上がりません。

その厚く塗った部分で、低温やけどが発生するわけです。

詳しくお知りになりたい方は、上記のリンクより記事へアクセスして下さい。

この記事が、皆様のお肌の健康のお役に立てれば幸甚です。

アメブロの類似記事

はてなブログ縮小版




公式ホームページ

アルゴテラピーとは? タラソテラピー海藻パック等の美肌効果の高い施術

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

アルゴテラピーとは、タラソテラピーのなかでも美肌効果が高いとされる、海藻の美肌力を利用した美容健康法です。

アルゴトリートメントとは、たとえばエステサロンさんやご自宅でのホームエステで、海藻の美肌力を利用した施術(お手入れ)ということとなります。

陸上植物に果物のリンゴやキノコのシイタケがあるように、海藻にもさまざまなものがあります。

たとえばお肌を引き締めるコンブ(ラミナリア・ディギタータ)や保湿効果のあるモイスチャルガや、ビタミンCを最も多く含むハリコドメルなどなど・・・。

必要とされる美肌効果は、それなりの特性がある海藻でしか得ることはできないため、海藻の選択がもっとも大切なポイントといえるでしょう。

詳しくお知りになりたい方は、上記のリンクより記事へアクセスして下さい。

この記事が、皆様のお肌の健康のお役に立てれば幸甚です。

アメブロの類似記事




公式ホームページ

治らない思春期ニキビ 原因と改善・再発防止 洗顔料は?

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

中高生のお子様がいったんニキビを発症すると、なかなか治らない場合が多いようです。

また、抗炎症作用のある薬用化粧水で、どんどん悪化する場合も!(これについては別の記事にて投稿の予定)

原因の多くは、お母さまが使用する洗顔フォームにあるようです。

洗顔フォームとは、ダブル洗顔時に使用される、合成洗剤です。

メイクの残骸混りのクレンジングオイルは純石鹸では洗い流すことが不可能なため、この合成洗剤を使用するわけです。

しかしメイクをしない中高生のお子様には、洗顔フォームはまったく必要ありません。

もし合成界面活性剤の弱い体質である場合は、お肌がたちまち乾燥してしまい、その乾燥を防止するために皮脂の過剰分泌、そしてテカリが生じます。

これがニキビ発症に、直結する危険性があるわけです。

詳しくは上記の、弊社公式サイト内の記事にて、ご紹介しております。

この記事が、お子様のお肌の健康のお役に立てれば幸甚です。

アメブロの類似記事




公式ホームページ

パラベンフリー化粧水等化粧品の危険性 本当はパラベンのほうが安全?

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

ノンパラベン/パラベンフリー化粧水だから安全安心!

パラベン以外の防腐剤を添加した化粧水が、そんなキャッチフレーズで実店舗やネットショップで販売されています。

防腐剤としてはフェノキシエタノールのほか、ローズマリ葉ーエキス(ローズマリーエキス/ROE)や1,2-ヘキサンジオールが多いようです。

しかし弊社が経験する限りでは、パラベン配合化粧水等コスメで、皮膚炎を起こすなどの肌トラブルを起こした方は皆無です。

いっぽう、パラベンフリー化粧水等コスメで肌トラブルが生じたご経験がおありの方は、数え切れません。

イチバン多いのが、ローズマリー葉エキス配合コスメ、次に1,2-ヘキサンジオール、そしてフェノキシエタノールといった具合です。

パラベンフリー化粧水等化粧品で肌荒れ等を起こした方は、パラベン配合化粧品では問題がなかったものの、パラベンに何となく危険を感じてパラベンフリーに切り替えた方が殆んどです。

ローズマリー葉エキスや1,2-ヘキサンジオールには要注意です。

このことに関してご興味がございましたら、上記の弊社公式サイト内の記事を、ご覧くださいませ。

アメブロ内の類似記事




公式ホームページ

乾燥肌対策に低分子ヒアルロン酸(ナノヒアルロン酸)は効果的!ですが?

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

低分子ヒアルロン酸(ナノヒアルロン酸)は角質層によく浸透するため、保湿効果は抜群のようです。そのため乾燥肌対策として、とても人気のようです。

しかし効果が抜群ということは、効き過ぎに気をつけなければなりません。同化粧品成分に関して、とくに次のことを気をつけるべきでしょう。

1.同成分配合化粧水や美容液等の塗り過ぎ(なかには数十回重ね塗りする方も!)

2.手作り化粧水に低分子ヒアルロン酸を高配合する

上記のいずれの場合も、角質層内が潤いすぎて水分バランスを失い、顔カビ(顔水虫)になる危険性があります。くれぐれも、保湿効果の欲張り過ぎにはご注意を!

なおヒアルロン酸Na自体は、敏感肌やアトピー肌(アトピー性皮膚炎)にはタブーのようです。

アメブロ内の類似記事



公式ホームページ