投稿

ラベル(グリチルリチン酸2K)が付いた投稿を表示しています

くすみ対策・黒ずみ対策 グリチリルリチン酸ジカリウムは逆効果?

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)
お肌のくすみ肌対策や黒ずみ対策として、グリチルリチン酸ジカリウム(GKⅡ/グリチルリチン酸2K)配合美白化粧水等コスメをおすすめしている美容サイトを見かけます。
肌荒れ防止として一時的に同化粧品成分の効能を頼る程度であれば、間違いとはいえないかもしれません。
肌荒れを起こせば、大なり小なりお肌は黒ずんでしまいますから!
しかしグリチルリチン酸ジカリウム配合化粧品を長期連用すると、間違いなく肌代謝(お肌の新陳代謝)は低下して、透明感のあるお肌ができるスピードは落ちます。
その上老廃物がお肌に溜まるわけですから、これ以上論じる必要もないでしょう。
つまり同化粧品成分配合美容液などを長期連用すると、逆効果になる危険性があるというわけです。
グリチルリチン酸ジカリウムと同様の効果をもつグリチルレチン酸ステアリル配合美白クリーム等も、やはり同様の結果となるでしょう。
この記事が読者様の、お役に立てれば幸いです。
ココログの類似記事
アメブロの類似記事
はてな縮小版記事

手作り化粧水等手作り化粧品は甘草由来のグリチルリチン酸無添加とすべし!

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しました。)

出来合いの化粧水等コスメへのグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)やグリチルレチン酸ステアリル等甘草由来成分の配合目的は、他の化粧品成分がお肌に刺激を与えるなどで炎症を起こした際に、炎症を鎮めるためのものです。

手作り化粧水等手作り化粧品の場合は、お肌に合わない成分を排除することができます。

従いまして甘草由来成分を配合する必要は、まったくないわけです。

カンゾウエキス等を高配合した美白化粧水の手作りといったレシピも存在するようですが、それは偽美白効果を利用したものです。

この甘草由来成分にはお肌から弾力や美しさを奪い、老化を促進する疑いがあります。

この記事が読者様のご参考になれば幸いです。

はてなブログ

アメブロの類似記事

ココログの類似記事


ライブドアブログの類似記事

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)は肌老化の原因!?

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K/カンゾウ根エキス)を配合した薬用美白化粧水や美白美容液等コスメを使い続けると、お肌が弾力を失い脆くなる、つまり老化が促進される疑いがあります。

そのメカニズムは、以下のとおりです。

同化粧品成分が配合されたコスメ等が浸透した肌組織内部では、ステロイド様作用により糖が過剰に産生し、糖尿病患者さんのお肌のように糖が溢れる状態となります。

行き場を失った糖は肌細胞と結びつき、肌細胞が次々とAGEs(最終糖化産物)へと変化することになります。

お医者さんによっては、糖尿病患者さんの病状の進行を、肌弾力で推し量るともいわれています。

ここにいたっては、何のためのコスメかということにさえ、なってしまいます。

以上のことからも、グリチルリチン酸ジカリウムが配合された化粧水等コスメは、長期連用すべきではないでしょう。

グリチルリチン酸ジカリウム含有の甘草は漢方では長期服用は危険!

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)を有効成分とする甘草(カンゾウ根)は漢方薬の世界では、長期服用は危険なためタブーとされています。

しかし日本の化粧品限界では、先人の教えが軽視されて、健康被害が生じているのが現実です。

その最大の事故は、ロドデノール白斑事故と小麦アレルギー事故でしょう。

アメブロの類似記事




公式ホームページ

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)の偽美白効果

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

化粧品や薬用化粧品へのグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)のデメリットは、美肌作りには致命的な性質があります。

新陳代謝や血行/血流が低下して、お肌がくすんだり黒ずんだり、ひどい場合にはお顔に浮腫(セルライト)ができることもあります。

これは偽美白効果の副作用といえるでしょう。

アメブロの類似記事




公式ホームページ

ヒノキチオールとグリチルリチン酸ジカリウムの組み合わせは要注意

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

化粧水や薬用化粧水(医薬部外品)などに使用されるヒノキチオールは、天然由来だから安全という宣伝がされています。

しかし今まで人類は、ヒバ油からの抽出物を高濃度で配合した化粧水等を使用した経験がほとんどありません。

肌荒れや皮膚炎等の症状が出たら、すぐに使用を中止すべきでしょう。

「天然=安全」と過信すれば、ご使用の中止が遅れる場合があるようです。

アレルギー性皮膚炎である可能性があり、使い続けるとアレルギーが重篤化する危険性があります。

お肌が弱いアトピー肌(アトピー性皮膚炎)の患者さんでの、健康被害事例もあるようです。

なおグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)も配合されている場合は、抗炎症効果や抗アレルギー効果の為、アレルギー発症を見落とすこともあるようで、より注意が必要のようです。

この記事が、皆様の快適で安全なコスメライフの、一助となれば幸甚です。



公式ホームページ

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)の効果/メリット

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

化粧品や薬用化粧品へのグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)の配合目的は、抗炎症作用や抗アレルギー作用です。

化粧水等コスメに配合されている他の美容成分がお肌に悪さをするのを、防ぐ働きです。

これは言い換えれば、化粧品に低刺激性をもたせて、敏感肌用化粧品に仕上げるということです。

しかしこれは逆から言えば、配合する他の化粧品成分の安全性が高ければ,グリチルリチン酸ジカリウムを配合する意味はほとんどなくなります。

抗アレルギー効果や抗炎症効果の他にも、悪しき配合目的もあるようです。

それはグリチルリチン酸ジカリウムの血行低下作用を悪用して、美白効果があると宣伝することです。

これは薬用美白化粧水等で、よく使われる手法です。

美白クリームの場合は、脂溶性のグリチルレチン酸ステアリルがよく配合されます。

血の巡りを悪くしてお顔を青白くさせるわけですから、これは偽美白効果です。(次回へ続く)

アメブロの類似記事




公式ホームページ

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)の老化促進の危険性

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)のステロイド様作用により、同化粧品成分配合コスメが塗布された皮膚組織内部では、糖があふれる状態となります。

この状態は糖尿病患者さんのお肌と、同じ状態というわけです。

このことから、グリチルリチン酸ジカリウム配合化粧水をお肌に塗布すれば、お肌が脆くなり、老化が促進される副作用が懸念されます。(次回へ続く)

アメブロの類似記事




公式ホームページ

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)のステロイド様作用

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)のステロイド様作用は、ステロイド剤とは必ずしも同じ経路ではなく、別の経路をたどって同じ効果をもたらすものもあるようです。

このグリチルリチン酸ジカリウムのステロイド様作用は、ステロイド剤と比べると微弱との見方が一般的です。

しかしグリチルリチン酸ジカリウム配合洗顔石鹸で洗顔し、グリチルリチン酸ジカリウム配合化粧水で保湿し、グリチルリチン酸ジカリウム配合美容液でお肌を整えるといった重複使用で、ステロイド剤より微弱とは言い切れない危険性があります。(次回へ続く)

アメブロの類似記事




公式ホームページ

グリチルリチン酸ジカリウム(2K)配合化粧水等化粧品で即効美白は危険!

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

化粧品や薬用化粧品へのグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)の配合量は、法令で厳しく制限されています。

数値的には、上記の記事をご覧ください。

ただ、数値でとらえても、具体的にどのレベルが危険ということは、なかなかわかりづらいところがります。

アルガアイ流に申し上げるなら、同化粧品成分配合化粧水等を塗布した後に、お顔が著しく真っ白になるようなレベルであれば、長期連用すべきスキンケア製品ではないでしょう。

お顔が美白(偽美白)されている間は血行が著しく阻害され、お肌の健康は失われおのずと美しさを失います。

医療の現場で血行を阻害することが求められることがあるでしょうが、スキンケアにとっては毒性以外の何物でもありません。(次回へ続く)

アメブロの類似記事




公式ホームページ

漢方薬での甘草は無条件で安全性が高いわけではなく副作用も強い!

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)を有効成分とする甘草は、漢方で使用されていたから安全な成分だと、インターネット上でよく書かれています。

しかし漢方薬は、服用する患者さんの体質や症状、そして病状の段階が違った場合は、重い副作用を引き起こすことがあります。

したがいまして、漢方薬の基本に沿えば、手作り化粧水などで甘草エキスやグリチルリチン酸ジカリウムは安易に使用すべきではなく、また高配合はどはもってのほかでしょう。

甘草は正しく使用してこそ、高い安全性が確保される、それが漢方の教えでしょう。(次回へ続く)

アメブロの類似記事




公式ホームページ

化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウム ≒ グリチルレチン酸ステアリル

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

美容液や化粧水等化粧品や薬用化粧品に使用されるグリチルリチン酸ジカリウムは、マメ科植物である甘草が含有する有効成分です。

「グリチルリチン酸2K」または「グリチルリチン酸二カリウム」とも、表記されることがあります。

保湿クリームに使用される場合は、脂溶性の「グリチルレチン酸ステアリル」がよく使用委されます。

経皮摂取されてしまえば、すべて同様の働きをします。(次回へ続く)

アメブロの類似記事




公式ホームページ

グリチルリチン酸ジカリウムとロドデノール白斑・小麦アレルギー事件との関係

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

インターネット上を見る限りでは、グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)は安全な化粧品成分というご意見が、大勢のようです。

しかしグリチルリチン酸ジカリウムと今世紀に発生した薬用化粧品の2大事故との因果関係に言及しているサイトは、あまり見かけません。

あの加水分解コムギアレルギー事件を引き起こした薬用石鹸と、ロドデノール白斑事件を引き起こした薬用化粧水には、グリチルリチン酸ジカリウムがしっかりと配合されておりました。

グリチルリチン酸ジカリウムが配合されていて、美白効果が宣伝されている薬用化粧水等には、注意が必要です。同成分による即効性の美白効果は、偽美白効果です。(次回へ続く)

アメブロの類似記事

はてなブログ縮小版記事

ココログの類似記事

ライブドアブログの類似記事



公式ホームページ

グリチルリチン酸ジカリウムの美白効果は偽美白効果!

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内美容・健康情報館の2010年2月作成の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

「美白効果」とは、化粧品でいえばファンデーションなどのメイク製品で、物理的にお肌を白く見せる効果です。薬用化粧品(医薬部外品)の場合は、過剰なメラニン生成を抑えるなどの効能までは、訴求できます。しかしすでに黒ずんだりくすんだ肌に働きかけて、肌を美白する効果・効能は、医薬品であればまだしも、化粧品や医薬部外品で標榜することは禁じられています。しかしそうはいうものの、化粧品や医薬部外品レベルであっても、お肌を透き通るように改善したいとお望みの方は、少なくないでしょう。

弊社はしばしばご近所のデパート様で、海藻パック等のタラソテラピー化粧品の店頭販売をさせて頂くことがございます。その際に多くのお客様より、「この海藻パックで美白できますか?」と、直接的なご質問をよく頂戴します。私は半ば決まり文句のように、「この海藻パックは化粧品レベルのため、すでに黒ずんだお肌を美白できるとは宣伝できません。この海藻パックをお試しになられて、お肌が美白されたと感じれば、美白効果はあると言えるかもしれません。でもお客様のお肌を今以上に、モチモチ潤い美肌に導きますよ!」と、味気ない決まり文句となってしまいます。

お肌を白くする方法には、いくつかあります。その中でも手っ取り早いのが、薬効の強い化粧品成分で血流を抑え込んで、青白く見せる方法です。血管を収縮させて血行不全を発生させ、血色を抑えることです。この女性は弊社のモニターさんの古くからのお友達で、もともと透き通るような美しいお肌の持ち主なのに、それ居所に白くなりたかったとのことです。後で聞いたことですが、その女性はネットショップで美白効果がある薬用石鹸(お茶石鹸)を購入し、さっそく使い始めたそうです。

その結果は素晴らしいもので、宣伝文句通りに洗顔後すぐに美白効果が発揮され、それ以降はずっと使い続けたそうです。そうしているうちにその女性とお会いする機会があったのですが、化粧のノリがとても悪くなったり吹き出物が出やすくなるといった、お肌の異変に悩んでいました。しかし異常は、それだけでありませんでした。その女性は気づいていなかったようですが、彼女が笑った時にデキモノ(浮腫/セルライト)らしきものが、お肌の下からお肌を押し上…