投稿

ラベル(グリチルレチン酸ステアリル)が付いた投稿を表示しています

ピーリングで炎症が起きる原因はグリチルリチン酸ジカリウム(2K)?

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)
くすんだり黒ずんだ角質層を除去する方法として、ピーリングがもっとも人気のようです。
わざわざエステティックサロンさんに予約を入れて来店せずとも、ホームエステ用途としてスクラブ剤がインターネットショップやバラエティーショップ等で気軽に購入できます。
ただし、フルーツ酸といった劇薬主剤のケミカルピーリング剤は危険性が高く、また化粧品用途としては違法(薬機法違反)であるため、注意しましょう。
さて、このスクラブ剤ですが、ケミカルピーリング剤であればまったく安全というわけではありません。
すっきりキレイに角質層ケアができたもののその後炎症を起こして、逆に黒ずんでしまう ケースは少なくないのです。
その大きな原因として考えられるのが、薬用美白化粧水などによく配合されるグリチルリチン酸ジカリウム(GKⅡ/グリチルリチン酸2K)や、美白クリーム等に配合されるグリチルレチン酸ステアリルなどの、カンゾウ根エキス(甘草)から抽出した化粧品成分です。
これらの化粧品成分配合コスメを長期連用すると、肌組織のタンパク質が糖に分解されてしまい、その結果お肌は薄くなります。
また同化粧品成分には血行を阻害する働きがあるため、肌代謝(ターンオーバー)が乱れたり阻害されることとなります。
いわゆるステロイド様作用と呼ばれる、副作用です。
つまりそのくすんだ角質層も必要なわけで、それをピーリングで削り取ってしまうから、炎症を生じるわけです。
そしてもうひとつ大切なことですが、なぜピーリングをする羽目に陥ったかということです。
「美白!」「美白!!」「美白!!」と、美白効果を追い求めて、美白化粧品を多用していませんでしたか?
通常の健康なお肌であれば、弱アルカリ性の純石鹸洗顔で不要となった角質層は、「垢」として簡単に落ちるでしょう。
この記事が読者様の、美肌作りのお役に立てれば幸いです。
ココログの類似記事
アメブロの類似記事

くすみ対策・黒ずみ対策 グリチリルリチン酸ジカリウムは逆効果?

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)
お肌のくすみ肌対策や黒ずみ対策として、グリチルリチン酸ジカリウム(GKⅡ/グリチルリチン酸2K)配合美白化粧水等コスメをおすすめしている美容サイトを見かけます。
肌荒れ防止として一時的に同化粧品成分の効能を頼る程度であれば、間違いとはいえないかもしれません。
肌荒れを起こせば、大なり小なりお肌は黒ずんでしまいますから!
しかしグリチルリチン酸ジカリウム配合化粧品を長期連用すると、間違いなく肌代謝(お肌の新陳代謝)は低下して、透明感のあるお肌ができるスピードは落ちます。
その上老廃物がお肌に溜まるわけですから、これ以上論じる必要もないでしょう。
つまり同化粧品成分配合美容液などを長期連用すると、逆効果になる危険性があるというわけです。
グリチルリチン酸ジカリウムと同様の効果をもつグリチルレチン酸ステアリル配合美白クリーム等も、やはり同様の結果となるでしょう。
この記事が読者様の、お役に立てれば幸いです。
ココログの類似記事
アメブロの類似記事
はてな縮小版記事

グリチルリチン酸ジカリウム(2K)には保湿効果はありません!

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)
乾燥肌対策として、グリチルリチン酸ジカリウム(GKⅡ/グリチルリチン酸2K)が配合された薬用美白化粧水をお使いの方が、まれにいらっしゃるようです。
このグリチルリチン酸ジカリウムには潤い保湿効果があるというのが、その理由です。
最初のうちは保湿も美白も欲張ってご満悦だったようですが、お肌は期待した方向に進んでいくのが殆んどのようです。
このグリチルリチン酸ジカリウムには、うるお保湿効果は絶対ありません。
グリチルリチン酸ジカリウムが抽出される甘草(カンゾウ)は、降水量が少ない荒地に生息するため、水をため込む性質があります。
すなわち、グリチルリチン酸ジカリウムにあるのは、いったん水分を捉えたら離さないという、むくみ効果なのです。
やがて肌代謝が低下して肌内部に老廃物がたまっていき、黒ずんだお肌になるのが一般的です。
それだけにとどまらず、長期連用すればお肌が予期せぬ事態に陥ることも、この化粧品成分の注意すべき点でしょう。
グリチルレチン酸ステアリル配合コスメも、やはり同様の結果となります。
この記事が読者様の、お役に立てれば幸いです。
ココログの類似記事

手作り化粧水等手作り化粧品は甘草由来のグリチルリチン酸無添加とすべし!

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しました。)

出来合いの化粧水等コスメへのグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)やグリチルレチン酸ステアリル等甘草由来成分の配合目的は、他の化粧品成分がお肌に刺激を与えるなどで炎症を起こした際に、炎症を鎮めるためのものです。

手作り化粧水等手作り化粧品の場合は、お肌に合わない成分を排除することができます。

従いまして甘草由来成分を配合する必要は、まったくないわけです。

カンゾウエキス等を高配合した美白化粧水の手作りといったレシピも存在するようですが、それは偽美白効果を利用したものです。

この甘草由来成分にはお肌から弾力や美しさを奪い、老化を促進する疑いがあります。

この記事が読者様のご参考になれば幸いです。

はてなブログ

アメブロの類似記事

ココログの類似記事


ライブドアブログの類似記事

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)の効果/メリット

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

化粧品や薬用化粧品へのグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)の配合目的は、抗炎症作用や抗アレルギー作用です。

化粧水等コスメに配合されている他の美容成分がお肌に悪さをするのを、防ぐ働きです。

これは言い換えれば、化粧品に低刺激性をもたせて、敏感肌用化粧品に仕上げるということです。

しかしこれは逆から言えば、配合する他の化粧品成分の安全性が高ければ,グリチルリチン酸ジカリウムを配合する意味はほとんどなくなります。

抗アレルギー効果や抗炎症効果の他にも、悪しき配合目的もあるようです。

それはグリチルリチン酸ジカリウムの血行低下作用を悪用して、美白効果があると宣伝することです。

これは薬用美白化粧水等で、よく使われる手法です。

美白クリームの場合は、脂溶性のグリチルレチン酸ステアリルがよく配合されます。

血の巡りを悪くしてお顔を青白くさせるわけですから、これは偽美白効果です。(次回へ続く)

アメブロの類似記事




公式ホームページ

化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウム ≒ グリチルレチン酸ステアリル

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

美容液や化粧水等化粧品や薬用化粧品に使用されるグリチルリチン酸ジカリウムは、マメ科植物である甘草が含有する有効成分です。

「グリチルリチン酸2K」または「グリチルリチン酸二カリウム」とも、表記されることがあります。

保湿クリームに使用される場合は、脂溶性の「グリチルレチン酸ステアリル」がよく使用委されます。

経皮摂取されてしまえば、すべて同様の働きをします。(次回へ続く)

アメブロの類似記事




公式ホームページ