投稿

ラベル(コロナ)が付いた投稿を表示しています

新型コロナ イタリアでの大流行 ヨウ素欠乏症との関係は?

イメージ
(この投稿記事は、 弊社公式サイト 内の、 美容・健康情報館の記事 をもとに、縮小版として作成しました。) ( 前回の記事 よりの続き) 「 ヨウ素 は、世界的には不足が起きやすい無機質であり、不足すると 甲状腺 腫が起きることが知られている。 実際に、世界各地で ヨウ素 不足により地方病性の 甲状腺 腫が起きており、世界中の ヨウ素 不足地帯では、食塩に添加することなどによって ヨウ素 不足による 甲状腺 腫を予防する政策がとられている。」 上記は「第六次改訂日本人の栄養所要量」の、 ヨウ素 の項目の冒頭部分である。 じつは 新型肺炎 によって多くの方が亡くなられたイタリアは、ヨード不足が深刻な国。 イタリアにおける ヨウ素 不足による風土病性 甲状腺 腫問題は、ずっと改善されないままだという。 またイタリアではヨード強化食卓塩が一般的なようだが、全国的な ヨウ素 不足はほとんど解消されていないとも言われている。 すべての国を照らし合わせたわけではないが、 ヨウ素 不足が懸念されている国と新型コロナウィルスによる被害が深刻な国が合致しているのではなかろうか、食卓塩が ヨウ素 強化されている国と一致していないかというのが、アルガ・アイ流仮説である。 日本での感染者の海藻摂取状況を知る術もないため仮説に過ぎないが、つじつまが合っているため確実性は高いと考える。 日本における食用海藻の消費量は、20世紀終盤からずっと減少してきている。 ヨードが 放射能 汚染から身をまもるということで、 東日本大震災 に伴う 福島原発事故 の直後のみ、例外的に消費量が上昇した。 この消費量上昇を例外的にせしめたのは、 2012年4月に発生した国家による「海藻発がん」論文事件 である。 おおよそ非科学的ともいえる追跡調査や論拠により国民を混乱させて、再び国民の海藻離れへと導いてしまった。 その結果 生活習慣病 患者数が増えた可能性は否定できないであろう。 以上のことから、新型コロナ対策として1日当たり1~2グラムのコンブ摂取というのが、アルガ・アイからの提言である。 長い歴史のなかで安全性が確かめられた食材であり、また安価であるため、ダメ元でも実践する価値はあろう。 ただし他の

コンブ等海藻使用の和食啓蒙が新型コロナ対策になる可能性

イメージ
(この投稿記事は、 弊社公式サイト 内の、 美容・健康情報館の記事 をもとに、縮小版として作成しました。) ( 前回の記事 よりの続き) 感染症対策として、もちろんすべての栄養素を適切に摂取しておくことが望ましいが、その中でもとりわけ重要とされているミネラルがある。そのうちのひとつが海洋ミネラルのヨウ素(ヨード)であり、不足すれば衰弱して易感染性に陥ることが知られている。ヨウ素は魚介類にも含有されているが、とりわけ海藻に豊富に含まれる。最もヨウ素を多量に含むのは昆布であり、乾燥体グラム当たり5mg程度である。(1mgは1/1000グラム、厚生労働省は含有量を1.3mgとしているが、これはきわめて低めの数値。詳しくは 詳細ページ へ) 日本人の食事摂取基準2020年版によれば、ヨウ素の成人の推奨摂取量は0.13mg/日であり、許容上限摂取量は3.0mg/日とされている。ヨウ素は摂取量が少なくても多すぎても、甲状腺疾患の原因となる。厚生労働省は、平均的には充分ヨウ素摂取は足りている、むしろ過剰摂取気味であるとしている。しかしこれはあくまでも、「平均」であり、海藻が好きな方は3度の食事に、昆布ダシのお味噌汁を摂取する方もおられる。 1回に昆布3グラム使用するとして3食で9グラム、ヨウ素換算で45mgとなるが、それがただちに甲状腺疾患につながるというわけではない。なぜなら大豆を原料とする豆腐や味噌には、過剰なヨウ素を解毒する作用があるからだ。とはいえ安全のため、昆布であれば2グラムまでに抑えたい。日本人であれば10mg程度のヨウ素摂取は実害がないとされている意見が支配的であり、実際そのようである。 (詳しくお知りになりたい方は、 海藻のヨウ素含有量に関する記事 や 海藻と豆類の組み合わせ に関する記事をご参照されたし。) このようにヨウ素摂取が過剰気味になる方がおられるということは、足りない方もおられるということになる。あくまでも「平均的に足りている」からだ。専門家によれば、ヨウ素不足の方は決し