投稿

ラベル(1)が付いた投稿を表示しています

植物性 植物由来BG(1,3-ブチレングリコール)の安全性/危険性

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

BG(1,3-ブチレングリコール)は、保湿成分または防腐助剤として、化粧水や美容液等コスメに配合される、人気の化粧品成分です。

ベタツキ感のあるグリセリンと比較して、さっぱり感が特徴です。

基本的には危険性はそれほど高くないのですが、BGにはアレルギー性接触性皮膚炎事故の報告があります。

ですから、とくにお肌が弱い敏感肌やアトピー肌(アトピー性皮膚炎)には、注意が必要でしょう。

植物由来BGや植物性BGといった手作り化粧水用の材料/素材も販売されているようですが、それは植物から抽出した天然成分ではありません。

イメージ戦略的なものであり、安全性/危険性は通常のBGとは差はありません。

この記事が読者様のご参考になれば幸いです。

アメブロの類似記事

ココログの類似記事

はてなブログ縮小版記事



1,3-プロパンジオール 化粧品成分としての安全性・危険性

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

インターネット上を見渡すと、大半の美容サイトでは1,3-プロパンジオールは安全な防腐剤抗菌剤・保湿剤と書かれているだけです。

化粧品成分である1,3-プロパンジオールは、旧指定成分の1,2-プロピレングリコールの異性体です。

1,2-プロピレングリコールにはアレルギーの危険性があり、それよりも1,3-プロパンジオールの毒性のほうがましだということで、見切り発車的に化粧品への使用が開始された経緯があります。

1,2-プロピレングリコールの異性体である以上、ある程度の毒性があると認識した上で、1,3-プロパンジオール配合化粧水や美容液等のコスメを、使用すべきでしょう。

この記事が読者様の、お役に立てれば幸甚です。

はてなブログの類似記事

1,2-ヘキサンジオール配合パラベンフリーの化粧水等化粧品の安全性/危険性

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

パラベンは危険な防腐剤! 

ノンパラベン敏感肌用化粧水!!

パラベンフリーの無添加オーガニック化粧品なので安全!!!

こんなキャッチフレーズで、代替防腐剤である1,2-ヘキサンジオール配合化粧水等コスメが、ネットショップや実店舗で販売されています。挙句の果てには・・・。

1,2-ヘキサンジオールはグリセリンと同様に安全な保湿成分!

このようなPRも、なされているようです。はたして本当でしょうか?

アメリカでは1,2-ヘキサンジオールは、肝臓や腎臓にダメージを与える、危険性の高い化学物質とされています。催奇性や発がん性の毒性評価がはなされておらず、州政府などでは国民に対して注意を呼びかけているほどです。

化粧品用の防腐剤として配合した場合の危険性に関しては、製造者側によるわずかなテスト程度だけで、パラベンに比べれば安全性データの蓄積は皆無といえる状況です。

なお、1,2-ヘキサンジオールの異性体は、虫よけや殺虫剤の有効成分としても、よく利用されています。決してパラベンを肯定するわけではありまえんが、このあたりもお考え合わせの上、パラベン配合コスメよりも安全であるか否かを、ご判断すべきでしょう。

この情報が、皆様の快適で経済的なコスメライフの、一助となれば幸甚です。

アメブロ内の類似記事




公式ホームページ