投稿

ラベル(オーガニックコスメ)が付いた投稿を表示しています

USDAオーガニックコスメは乾燥肌や乾燥性敏感肌には危険?

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)
。”USDA organic”認証マークが付されているオーガニックコスメのうちで、アルガンオイルやシアバターといった単一の成分だけのものは別として、防腐剤を要する美容液や化粧水、シャンプーやリンスなどの商品群は、安全性に懸念を感じます。
これらのスキンケア製品やヘアケア製品の多くは、天然由来防腐剤のローズマリー葉エキス(ローズマリーエキス/ROE)と、防腐効果を高めるエタノール(アルコール)が組み合わされて添加されています。
エタノール(アルコール)についてですが、いくらオーガニックのサトウキビ由来だといっても、醸造されたエタノールはエタノール以外の何物でもありません。
エタノールは乾燥肌を悪化させ、お肌に刺激を与えます。
たとえ少量の配合であっても、敏感肌やアトピー肌(アトピー性皮膚炎)にはタブーとされています。
そしてもう一つの添加物であるローズマリー葉エキスですが、これが大きな問題を引き起こす危険性をはらんでいます。
同化粧品成分には、アレルギー性接触皮膚炎や光過敏症などの、副作用があります。
前回の記事で述べた、FDA(アメリカ連邦医薬食品局)の消費者への警告は、この危険性をさしているわけです。
この記事が読者様の、お役に立てれば幸いです。

USDA認定オーガニックコスメ制度は健康被害続出で大失敗

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

アメリカ農務省が主導するオーガニックコスメ認証システムは、アメリカで大きな健康被害を生み出しています。

それは消費者に「USDA認定オーガニックコスメ = 安全!」と、間違ったメッセージを送ってしまったことです。

このことについて、日本の消費者庁に相当するFDA(アメリカ連邦食品医薬局)は、「植物には固有の危険性がある。(必ずしもUSDA認定オーガニックコスメは安全ではない。)」と、全米国民に対して注意喚起を行っています。

アメリカは日本より行政の縦割り傾向が強いためか、消費者行政においてアメリカは、日本に比べて発展途上国な面があります。

日本のオーガニックコスメを推進する側のサイトなどでは、このような事実が一切掲載されていません。

消費者の安全と利益を考えるのであれば、オーガニックコスメの魅力を宣伝するだけでなく、こういった事実も知らされるべきであると、アルガアイは考えます。

この記事が読者様の、お役に立てれば幸いです。

ココログの類似記事

アメブロの類似記事

はてな縮小版記事

乾燥肌や敏感肌には危険なUSDAオーガニック化粧水

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

オーガニックコスメ/化粧品はお肌にとても優しく、お肌が弱い敏感肌やアトピー性皮膚炎の方やアレルギー体質の方が使用しても安全性が高いと、よく宣伝されています。

しかし、たとえばUSDA認定オーガニック化粧水の全成分をチェックしてみると、その多くの商材は、天然由来防腐剤のローズマリー葉エキス(ROE)と防腐助剤のエタノール(アルコール)で、防腐対策が施されています。

ローズマリー葉エキスはアレルゲンを含有しており、アレルギー性接触皮膚炎発症の危険性があります。

エタノールはサトウキビ由来であっても、敏感肌やアトピー性皮膚炎にはタブーであり、また皮膚を乾燥させるため、乾燥肌対策にはなり得ません。

この記事が読者様の、お役に立てれば幸いです。

ココログの類似記事

アメブロの類似記事

はてな縮小版記事