投稿

ラベル(新型コロナウィルス)が付いた投稿を表示しています

新型コロナ イタリアでの大流行 ヨウ素欠乏症との関係は?

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しました。)
前回の記事よりの続き)

ヨウ素は、世界的には不足が起きやすい無機質であり、不足すると甲状腺腫が起きることが知られている。

実際に、世界各地でヨウ素不足により地方病性の甲状腺腫が起きており、世界中のヨウ素不足地帯では、食塩に添加することなどによってヨウ素不足による甲状腺腫を予防する政策がとられている。」

上記は「第六次改訂日本人の栄養所要量」の、ヨウ素の項目の冒頭部分である。

じつは新型肺炎によって多くの方が亡くなられたイタリアは、ヨード不足が深刻な国。

イタリアにおけるヨウ素不足による風土病性甲状腺腫問題は、ずっと改善されないままだという。

またイタリアではヨード強化食卓塩が一般的なようだが、全国的なヨウ素不足はほとんど解消されていないとも言われている。

すべての国を照らし合わせたわけではないが、ヨウ素不足が懸念されている国と新型コロナウィルスによる被害が深刻な国が合致しているのではなかろうか、食卓塩がヨウ素強化されている国と一致していないかというのが、アルガ・アイ流仮説である。

日本での感染者の海藻摂取状況を知る術もないため仮説に過ぎないが、つじつまが合っているため確実性は高いと考える。

日本における食用海藻の消費量は、20世紀終盤からずっと減少してきている。

ヨードが放射能汚染から身をまもるということで、東日本大震災に伴う福島原発事故の直後のみ、例外的に消費量が上昇した。

この消費量上昇を例外的にせしめたのは、2012年4月に発生した国家による「海藻発がん」論文事件である。

おおよそ非科学的ともいえる追跡調査や論拠により国民を混乱させて、再び国民の海藻離れへと導いてしまった。

その結果生活習慣病患者数が増えた可能性は否定できないであろう。

以上のことから、新型コロナ対策として1日当たり1~2グラムのコンブ摂取というのが、アルガ・アイからの提言である。

長い歴史のなかで安全性が確かめられた食材であり、また安価であるため、ダメ元でも実践する価値はあろう。

ただし他の海藻を食する場合はコンブ摂取量を1グラムに減らすなどの工夫を、また海藻アレルギーや甲状腺疾患の場合は、主治医の先生との相談が必要となる。  
ココログの類似記事
アメブロの類似記事

コンブ等海藻使用の和食啓蒙が新型コロナ対策になる可能性

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しました。)
前回の記事 よりの続き)
感染症対策として、もちろんすべての栄養素を適切に摂取しておくことが望ましいが、その中でもとりわけ重要とされているミネラルがある。そのうちのひとつが海洋ミネラルのヨウ素(ヨード)であり、不足すれば衰弱して易感染性に陥ることが知られている。ヨウ素は魚介類にも含有されているが、とりわけ海藻に豊富に含まれる。最もヨウ素を多量に含むのは昆布であり、乾燥体グラム当たり5mg程度である。(1mgは1/1000グラム、厚生労働省は含有量を1.3mgとしているが、これはきわめて低めの数値。詳しくは詳細ページへ)

日本人の食事摂取基準2020年版によれば、ヨウ素の成人の推奨摂取量は0.13mg/日であり、許容上限摂取量は3.0mg/日とされている。ヨウ素は摂取量が少なくても多すぎても、甲状腺疾患の原因となる。厚生労働省は、平均的には充分ヨウ素摂取は足りている、むしろ過剰摂取気味であるとしている。しかしこれはあくまでも、「平均」であり、海藻が好きな方は3度の食事に、昆布ダシのお味噌汁を摂取する方もおられる。

1回に昆布3グラム使用するとして3食で9グラム、ヨウ素換算で45mgとなるが、それがただちに甲状腺疾患につながるというわけではない。なぜなら大豆を原料とする豆腐や味噌には、過剰なヨウ素を解毒する作用があるからだ。とはいえ安全のため、昆布であれば2グラムまでに抑えたい。日本人であれば10mg程度のヨウ素摂取は実害がないとされている意見が支配的であり、実際そのようである。

(詳しくお知りになりたい方は、海藻のヨウ素含有量に関する記事海藻と豆類の組み合わせに関する記事をご参照されたし。)

このようにヨウ素摂取が過剰気味になる方がおられるということは、足りない方もおられるということになる。あくまでも「平均的に足りている」からだ。専門家によれば、ヨウ素不足の方は決して少数ではなく、かなりおられる可能性が高いとのこと。端的にいえば、洋食中心の食生活しか食さない方は、ヨウ素不足である危険性がある。ヨウ素は寒い時期に多く消費されることから、春先には体内のヨウ素…

新型コロナウィルス感染拡大防止のための不謹慎狩り?

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「アルガアイ流新型コロナウィルス対策のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)
今回より新型肺炎/新型コロナウィルス対策に関連する、連載記事をスタートいたしました。最初にお断りをさせて頂きますが、当記事は政府の政策を後押しすることや、反対に批判することを目的としたものではありません。新型肺炎・新型コロナウィルスを取り巻く環境下で、今何が起きているか、また何が問題なのかを、多角的に検証するために書きました。他のサイトでは、あまり見かけない切り口の論調と思われます。
連載の前半では、主としてコロナ対策における問題点や疑問点について、後半では感染リスクを低める工夫について書いてまいります。じつはちょっとした油断で、新型コロナウィルスに体内へのルートを作ってしまう危険性があります。記事は適時追加・アップしてまいりますので、よろしくお願いいたします。
【以下本文】
●非常識きわまりない!!
●あなたみたいな人をモラルがないっていうのよ!
これは私の知人がある女性から、ヒステリックに浴びせられた非難の言葉です。知人は趣味と健康維持を兼ねて、スポーツ(球技)をこれまで欠かさず行ってきました。そのため日々のストレス発散もでき、また風邪やインフルエンザなどにも感染しにくい、とても理想的な体質を維持していました。
今般の政府主導による新型コロナウィルス感染症の拡大防止方針に沿い、公共施設では体育館だけでなく屋外の利用も休止する自治体があります。いっぽう、換気のよい体育館や屋外施設は感染の危険性が低いとして利用を許可する自治体もあります。知人がその女性に「すべて自粛していたら逆効果。いざという時には新型コロナウィルスを跳ね返せる体力をつけておくことも大事。」との旨の発言をその女性にしたところ、冒頭の非難の言葉が頭ごなしに浴びせられたわけです。
知人によればその女性はいわゆるメタボ(肥満体気味)で、スポーツなどはしない生活習慣でした。知人はその非難の言葉に不本意さを感じながらも、何を話してもその女性が受け入れる状況でないと判断。あえてその女性には反論しませんでしたが、概ね下記のような思いがあったようです。
●メタボリックシンドロームで低体温の体質であれば病原菌に侵されやすく、宿主(病原菌の協力者)となって…