投稿

ラベル(乾燥肌)が付いた投稿を表示しています

ハンドクリーム自体が手荒れ/肌荒れの原因に?

イメージ
(この投稿記事は、 弊社公式サイト 内の、 美容・健康情報館の記事 をもとに、縮小版として作成しました。) 手荒れ予防のために塗ったハンドクリームが、逆に手荒れの原因となることがあります。 ハンドクリームに配合されている合成界面活性剤等の刺激物/化学物質が、手荒れを起こす可能性があるようです。 ハンドクリームで手荒れを起こした手は、お風呂の湯船につかっていと、以上にふやけます。 ふやける原因は、お湯が細胞膜を通してでなく、破れた細胞膜を通して細胞内に入り込んでしまうためです。 ハンドクリームで肌荒れを起こす方には、ハンドクリーム代わりに化粧水のご使用がおすすめです。 またハンドクリームによる手荒れを起こさないためにも、ハンドクリーム塗布前に化粧水を塗布することをおすすめしております。 ハンドクリームの塗布量を大きく削減できるため、お肌にマイルドとなります。 なお、手に塗布するまでの化粧水に出費できないとお思いの方には、手作り化粧水がおすすめです。 その際は弊社の「アクア・ダルモール77ミネラル」も、どうか選択肢の一つとしてご検討下さいませ。 クレンジングオイルやミルクジェル等メイク落としによく配合される化粧品成分に、エチルヘキサン酸セチルという化学合成油脂があります。 ( ココログの類似記事 ) ( アメブロの類似記事 ) ( はてな縮小版記事 )

タラソパック(タラソテラピー海藻パック) New ブリアン 発売

イメージ
弊社のタラソパック「マスク・ダルモール ブリアン」を、新規格での販売を開始いたしました。 日本のインターネットショップや実店舗で販売されている他の海藻パックとの相違点は、緑色海藻パックではない点です。 緑色海藻パックは概して、お肌の引締め効果はあるものの、保湿効果はありません。 ブリアンは弊社独自の「非緑色処方」で、引締め効果と保湿効果を兼ね備えております。 弊社での位置づけはベーシックタイプ(低級品)ですが、それでも乾燥肌対策にとても優れていています。 また毛穴ケア効果やテカリ防止効果や粉吹き肌改善効果にも優れていて、ホームエステ商材としてとても人気です。 弊社アドバイザー医師(代替医療分野で有名な先生)の監修のもとで、フランス・ブルターニュの海藻工業研究所(CEVA)の学術協力を得ながら日本人向けに製造された、本格派タラソテラピー商材です。 ぜひ一度、お試し下さいませ。 なお、ひとクラス上の美肌のお求めの場合や、ブライダルエステ業務用をお探しのエステサロン様やエステティシャン様には、オーガニックローズ配合の「マスク・ダルモールロゼ」がおすすめ! 各製品のより詳細につきましては、下記のリンク先ページにて、お確かめ下さいませ。 ( マスク・ダルモール ブリアンのページ ) ( マスク・ダルモール ロゼのページ ) ( アメブロの紹介ブログ )

USDAオーガニックコスメは乾燥肌や乾燥性敏感肌には危険?

イメージ
(この美容関連記事は、 弊社公式サイト 内の、 美容・健康情報館の記事 をもとに、縮小版として作成しております。) 。”USDA organic”認証マークが付されているオーガニックコスメのうちで、アルガンオイルやシアバターといった単一の成分だけのものは別として、防腐剤を要する美容液や化粧水、シャンプーやリンスなどの商品群は、安全性に懸念を感じます。 これらのスキンケア製品やヘアケア製品の多くは、天然由来防腐剤のローズマリー葉エキス(ローズマリーエキス/ROE)と、防腐効果を高めるエタノール(アルコール)が組み合わされて添加されています。 エタノール(アルコール)についてですが、いくらオーガニックのサトウキビ由来だといっても、醸造されたエタノールはエタノール以外の何物でもありません。 エタノールは乾燥肌を悪化させ、お肌に刺激を与えます。 たとえ少量の配合であっても、敏感肌やアトピー肌(アトピー性皮膚炎)にはタブーとされています。 そしてもう一つの添加物であるローズマリー葉エキスですが、これが大きな問題を引き起こす危険性をはらんでいます。 同化粧品成分には、アレルギー性接触皮膚炎や光過敏症などの、副作用があります。 前回の記事で述べた、FDA(アメリカ連邦医薬食品局)の消費者への警告は、この危険性をさしているわけです。 この記事が読者様の、お役に立てれば幸いです。 ( ココログの類似記事 ) ( アメブロの類似記事 ) ( はてな縮小版記事 )

エチルヘキサン酸セチル配合クレンジングオイルでのダブル洗顔不要は危険

イメージ
(この投稿記事は、 弊社公式サイト 内の、 美容・健康情報館の記事 をもとに、縮小版として作成しました。) クレンジングオイルやミルクジェル等メイク落としによく配合される化粧品成分に、エチルヘキサン酸セチルという化学合成油脂があります。 メイク落としにおける役割を、エモリエント剤と説明しているメーカーもあるようですが、それは誤りです。 このエチルヘキサン酸セチルとは、用済みとなったメイクを溶かすための溶剤/洗浄剤です。 エチルヘキサン酸セチルという合成油脂を配合したクレンジングオイルは、ひと昔前はダブル洗顔不要でマイルドな洗い心地といった宣伝がなされていました。 そのため敏感肌や乾燥肌の方には、とても人気のようでした。 しかし今では同化粧品成分配合の大半のメイク落とし商材の説明書には、洗顔フォーム等の洗顔料で洗い流すようにと、注意書きされているようです。 じつは洗顔料でエチルヘキサン酸セチルを含んだクレンジングオイルを分解して洗い流さないと、お肌に刺激や負担を与えて、皮膚がベローンと剥がれるようなトラブルの情報がよくあります。 鉱物油脂/石油に比べれば、同化粧品成分ははるかに人類に不慣れな化学物質であるため、必ず洗い流しましょう。 どうしてもダブル洗顔の肌負担が大きい場合は、化粧下地クリーム不使用でファンデーション直塗りの、ナチュラルメイクがおすすめです。 この記事が読者様の、お役に立てれば幸いです。 ( ココログの類似記事 ) ( アメブロの類似記事 ) ( はてな縮小版記事 )

タラソパック・海藻パック 非緑色処方で優れた潤い効果!

イメージ
(この美容関連記事は、 弊社公式サイト 内の、 タラソパック(タラソテラピー海藻パック)のページ の、補助説明として作成致しました。 タール色素などの合成着色料が添加されたタラソテラピー製品や、タラソテラピーもどきの商材は別として、タラソパックやタラソテラピー海藻パック(海藻を主要美肌成分とするフェイスパック)は、ペーストの色によってその効果が決まり決まります。 深緑色をしているのであれば、その海藻パックの主要美肌成分はラミナリア・ディギタータ(昆布)であり、お肌の引締めが主要美肌効果となります。 保湿・潤い効果はありませんので、乾燥肌対策には不向きです。 弊社の「マスク・ダルモール」の場合は、潤い効果が高いモイスチャラルガと、引締め効果に優れたハリコドメルを配合した、非緑色海藻パックです。 通常の緑色海藻パックでは得られない、優れた潤い効果も発揮致します。 潤い効果が確かであれば、毛穴レス効果(毛穴ケア効果)やテカリ防止効果にもすぐれ、いちご鼻対策としても対応できます。

化粧水等コスメは弱酸性よりも弱アルカリ性のほうがお肌に優しく効果的!

イメージ
(この美容関連記事は、 弊社公式サイト 内の、 美容・健康情報館の記事 をもとに、縮小版として作成しております。) 化粧品、とわけ化粧水やローションは、弱酸性のほうがお肌に優しくて低刺激で、保湿効果も高いと言われています。 ですから乾燥性敏感肌の方には、弱酸性コスメは手放せないアイテムということです。 しかし医学的には、弱酸性のほうが乾燥肌や敏感肌に適しているといった根拠はまったくなく見当たりません。 お肌からの分泌物などが腐敗するなどして、結果的にお肌が弱酸性になる! 弊社アドバイザー医師によれば、お肌には弱酸性になる必然性があるとのことです。 温泉好きの方であればおわかりだと思いますが、美肌になる温泉は例外なく、弱アルカリの温泉です。 ただしphが高すぎると、多少ピリピリといった刺激を感じる敏感肌の方もおられるようですが、微弱~弱アルカリ温泉であれば、まず大丈夫でしょう。 お肌がとても潤い、とてもキレイになります。 そういうわけで、弊社の手作り化粧水材料の「アクア・ダルモール77ミネラル」のおすすめレシピでは、微弱アルカリの化粧水に仕上がるように設計されています。 この記事が読者様の、お役に立てれば幸いです。 ( ココログの類似記事 ) ( アメブロの記事   追加記事 ) ( はてな縮小版記事 )

お風呂上がりの保湿効果! バスソルト コートダルモール

イメージ
弊社公式サイト内の、タラソテラピー入浴料「コートダルモール」の製品紹介ページを、見やすくリニューアル致しました。 コートダルモールは、フランス・ブルターニュの清浄な海域から採取、脱塩・乾燥粉末化した海塩100%の、ベーシックタイプのタラソテラピー入浴料です。 浴槽内でうっとりとするような優れたリラックス効果と、お風呂上がり時の乾燥を抑える優れた潤い効果で人気です。 ご使用方法としては、150~200Lのお湯に対して30~40グラムを投入して頂きます。 ただし乾燥肌対策程度であれば、10グラムでも効果が十分あることが、医療機関でも実証済みです。 弊社自らが直接原料を輸入しているため、他社さんの同等品よりもお安くご提供させて頂いております。 お値段等に関しましては、弊社公式サイト内のコートダルモールのページにて、ご確認下さい。 ( アメブロの類似記事 )   ( 公式ホームページ )

乾燥肌対策に低分子ヒアルロン酸(ナノヒアルロン酸)は効果的!ですが?

イメージ
(この美容関連記事は、 弊社公式サイト 内の、美 容・健康情報館の記事 をもとに、縮小版として作成しております。) 低分子ヒアルロン酸(ナノヒアルロン酸)は角質層によく浸透するため、保湿効果は抜群のようです。そのため乾燥肌対策として、とても人気のようです。 しかし効果が抜群ということは、効き過ぎに気をつけなければなりません。同化粧品成分に関して、とくに次のことを気をつけるべきでしょう。 1.同成分配合化粧水や美容液等の塗り過ぎ(なかには数十回重ね塗りする方も!) 2.手作り化粧水に低分子ヒアルロン酸を高配合する 上記のいずれの場合も、角質層内が潤いすぎて水分バランスを失い、顔カビ(顔水虫)になる危険性があります。くれぐれも、保湿効果の欲張り過ぎにはご注意を! なおヒアルロン酸Na自体は、敏感肌やアトピー肌(アトピー性皮膚炎)にはタブーのようです。 ( アメブロ内の類似記事 )   ( 公式ホームページ )

1,2-ヘキサンジオール配合パラベンフリーの化粧水等化粧品の安全性/危険性

イメージ
(この美容関連記事は、 弊社公式サイト 内の、 美容・健康情報館の記事 をもとに、縮小版として作成しております。) パラベンは危険な防腐剤!  ノンパラベン敏感肌用化粧水!! パラベンフリーの無添加オーガニック化粧品なので安全!!! こんなキャッチフレーズで、代替防腐剤である1,2-ヘキサンジオール配合化粧水等コスメが、ネットショップや実店舗で販売されています。挙句の果てには・・・。 1,2-ヘキサンジオールはグリセリンと同様に安全な保湿成分! このようなPRも、なされているようです。はたして本当でしょうか? アメリカでは1,2-ヘキサンジオールは、肝臓や腎臓にダメージを与える、危険性の高い化学物質とされています。催奇性や発がん性の毒性評価がはなされておらず、州政府などでは国民に対して注意を呼びかけているほどです。 化粧品用の防腐剤として配合した場合の危険性に関しては、製造者側によるわずかなテスト程度だけで、パラベンに比べれば安全性データの蓄積は皆無といえる状況です。 なお、1,2-ヘキサンジオールの異性体は、虫よけや殺虫剤の有効成分としても、よく利用されています。決してパラベンを肯定するわけではありまえんが、このあたりもお考え合わせの上、パラベン配合コスメよりも安全であるか否かを、ご判断すべきでしょう。 この情報が、皆様の快適で経済的なコスメライフの、一助となれば幸甚です。 ( アメブロ内の類似記事 )     ( 公式ホームページ )