投稿

ラベル(手作り化粧水)が付いた投稿を表示しています

手作り化粧水等手作り化粧品は甘草由来のグリチルリチン酸無添加とすべし!

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しました。)

出来合いの化粧水等コスメへのグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)やグリチルレチン酸ステアリル等甘草由来成分の配合目的は、他の化粧品成分がお肌に刺激を与えるなどで炎症を起こした際に、炎症を鎮めるためのものです。

手作り化粧水等手作り化粧品の場合は、お肌に合わない成分を排除することができます。

従いまして甘草由来成分を配合する必要は、まったくないわけです。

カンゾウエキス等を高配合した美白化粧水の手作りといったレシピも存在するようですが、それは偽美白効果を利用したものです。

この甘草由来成分にはお肌から弾力や美しさを奪い、老化を促進する疑いがあります。

この記事が読者様のご参考になれば幸いです。

はてなブログ

アメブロの類似記事

ココログの類似記事


ライブドアブログの類似記事

濃グリセリンの保湿効果は通常のグリセリンと同じ 手作り化粧水を安価に!

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

濃グリセリンは純度の高い特別なグリセリンとして、ネット上や実店舗で通常のグリセリンよりも高い価格で販売される場合があるようです。「高純度グリセリン」といった言葉も、しばしば使われますが、この濃グリセリンを指しているようです。

この濃グリセリンは、特別な工程を経て製造された、高品位なグリセリンというわけではありません。なぜならグリセリンの製造工程では、まず濃グリセリンが製造されます。しかしそのままでは粘度が高くて、液切れしにくいという欠点があります。そこで精製水を10%程度加えて希釈して、使いやすくしたわけです。

手作り化粧水などの手作り化粧品、濃グリセリンを配合しても結局は希釈されます。ですからドラッグストアさんで販売されている、安価な通常のグリセリンと効果は同じというわけです。すなわち、濃グリセリンとグリセリンの保湿効果は同じです。

この情報が、皆様の快適で経済的なコスメライフの、一助となれば幸甚です。

アメブロ内の類似記事

はてなブログシンプル版記事

ココログ内の記事




公式ホームページ