投稿

ラベル(グリチルリチン酸)が付いた投稿を表示しています

ピーリングで炎症が起きる原因はグリチルリチン酸ジカリウム(2K)?

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)
くすんだり黒ずんだ角質層を除去する方法として、ピーリングがもっとも人気のようです。
わざわざエステティックサロンさんに予約を入れて来店せずとも、ホームエステ用途としてスクラブ剤がインターネットショップやバラエティーショップ等で気軽に購入できます。
ただし、フルーツ酸といった劇薬主剤のケミカルピーリング剤は危険性が高く、また化粧品用途としては違法(薬機法違反)であるため、注意しましょう。
さて、このスクラブ剤ですが、ケミカルピーリング剤であればまったく安全というわけではありません。
すっきりキレイに角質層ケアができたもののその後炎症を起こして、逆に黒ずんでしまう ケースは少なくないのです。
その大きな原因として考えられるのが、薬用美白化粧水などによく配合されるグリチルリチン酸ジカリウム(GKⅡ/グリチルリチン酸2K)や、美白クリーム等に配合されるグリチルレチン酸ステアリルなどの、カンゾウ根エキス(甘草)から抽出した化粧品成分です。
これらの化粧品成分配合コスメを長期連用すると、肌組織のタンパク質が糖に分解されてしまい、その結果お肌は薄くなります。
また同化粧品成分には血行を阻害する働きがあるため、肌代謝(ターンオーバー)が乱れたり阻害されることとなります。
いわゆるステロイド様作用と呼ばれる、副作用です。
つまりそのくすんだ角質層も必要なわけで、それをピーリングで削り取ってしまうから、炎症を生じるわけです。
そしてもうひとつ大切なことですが、なぜピーリングをする羽目に陥ったかということです。
「美白!」「美白!!」「美白!!」と、美白効果を追い求めて、美白化粧品を多用していませんでしたか?
通常の健康なお肌であれば、弱アルカリ性の純石鹸洗顔で不要となった角質層は、「垢」として簡単に落ちるでしょう。
この記事が読者様の、美肌作りのお役に立てれば幸いです。
ココログの類似記事
アメブロの類似記事

くすみ対策・黒ずみ対策 グリチリルリチン酸ジカリウムは逆効果?

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)
お肌のくすみ肌対策や黒ずみ対策として、グリチルリチン酸ジカリウム(GKⅡ/グリチルリチン酸2K)配合美白化粧水等コスメをおすすめしている美容サイトを見かけます。
肌荒れ防止として一時的に同化粧品成分の効能を頼る程度であれば、間違いとはいえないかもしれません。
肌荒れを起こせば、大なり小なりお肌は黒ずんでしまいますから!
しかしグリチルリチン酸ジカリウム配合化粧品を長期連用すると、間違いなく肌代謝(お肌の新陳代謝)は低下して、透明感のあるお肌ができるスピードは落ちます。
その上老廃物がお肌に溜まるわけですから、これ以上論じる必要もないでしょう。
つまり同化粧品成分配合美容液などを長期連用すると、逆効果になる危険性があるというわけです。
グリチルリチン酸ジカリウムと同様の効果をもつグリチルレチン酸ステアリル配合美白クリーム等も、やはり同様の結果となるでしょう。
この記事が読者様の、お役に立てれば幸いです。
ココログの類似記事
アメブロの類似記事
はてな縮小版記事

手作り化粧水等手作り化粧品は甘草由来のグリチルリチン酸無添加とすべし!

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しました。)

出来合いの化粧水等コスメへのグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)やグリチルレチン酸ステアリル等甘草由来成分の配合目的は、他の化粧品成分がお肌に刺激を与えるなどで炎症を起こした際に、炎症を鎮めるためのものです。

手作り化粧水等手作り化粧品の場合は、お肌に合わない成分を排除することができます。

従いまして甘草由来成分を配合する必要は、まったくないわけです。

カンゾウエキス等を高配合した美白化粧水の手作りといったレシピも存在するようですが、それは偽美白効果を利用したものです。

この甘草由来成分にはお肌から弾力や美しさを奪い、老化を促進する疑いがあります。

この記事が読者様のご参考になれば幸いです。

はてなブログ

アメブロの類似記事

ココログの類似記事


ライブドアブログの類似記事

グリチルリチン酸ジカリウム配合薬用化粧水でニキビ改善できない原因

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

ニキビケアにグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K/カンゾウ根エキス)を配合した薬用化粧水等を使用すると、逆効果となり、にきびが悪化する危険性もあります。

有効成分としてのグリチルリチン酸ジカリウムの役割は、炎症を抑えてニキビを大きくしないことです。

これはグリチルリチン酸ジカリウムがもつ、抗炎症作用を利用したものです。

しかし抗炎症作用とは免疫機能のひとつであり、グリチルリチン酸ジカリウムは免疫力を低下させるというわけです。

当然ながらアクネ菌やニキビ菌にたいする皮膚の抵抗力も、低下することとなります。

すると日和見菌さえも、お肌に攻撃をしかけることとなり、お肌の上で雑菌の反乱が勃発する危険性が、でてくることととなります。

もちろん、ニキビケア用の薬用コスメでニキビが鎮静化するのであれば、何ら問題のないことかもしれません。

しかしグリチルリチン酸ジカリウム配合化粧水を長期使用してもニキビが改善されない、または悪化してきている場合は、お肌の免疫力が低下していることを疑うべきでしょう。

すぐに使用を中止して、医療機関での診察を受けるべきでしょう。

同化粧品成分が配合されたコスメ等が浸透した肌組織内部では、ステロイド様作用により糖が過剰に産生し、糖尿病患者さんのお肌のように糖が溢れる状態となります。

この記事が読者様の、お役に立てれば幸いです。

グリチルリチン酸ジカリウム含有の甘草は漢方では長期服用は危険!

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)を有効成分とする甘草(カンゾウ根)は漢方薬の世界では、長期服用は危険なためタブーとされています。

しかし日本の化粧品限界では、先人の教えが軽視されて、健康被害が生じているのが現実です。

その最大の事故は、ロドデノール白斑事故と小麦アレルギー事故でしょう。

アメブロの類似記事




公式ホームページ

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)のステロイド様作用

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)のステロイド様作用は、ステロイド剤とは必ずしも同じ経路ではなく、別の経路をたどって同じ効果をもたらすものもあるようです。

このグリチルリチン酸ジカリウムのステロイド様作用は、ステロイド剤と比べると微弱との見方が一般的です。

しかしグリチルリチン酸ジカリウム配合洗顔石鹸で洗顔し、グリチルリチン酸ジカリウム配合化粧水で保湿し、グリチルリチン酸ジカリウム配合美容液でお肌を整えるといった重複使用で、ステロイド剤より微弱とは言い切れない危険性があります。(次回へ続く)

アメブロの類似記事




公式ホームページ

グリチルリチン酸ジカリウム(2K)配合化粧水等化粧品で即効美白は危険!

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

化粧品や薬用化粧品へのグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)の配合量は、法令で厳しく制限されています。

数値的には、上記の記事をご覧ください。

ただ、数値でとらえても、具体的にどのレベルが危険ということは、なかなかわかりづらいところがります。

アルガアイ流に申し上げるなら、同化粧品成分配合化粧水等を塗布した後に、お顔が著しく真っ白になるようなレベルであれば、長期連用すべきスキンケア製品ではないでしょう。

お顔が美白(偽美白)されている間は血行が著しく阻害され、お肌の健康は失われおのずと美しさを失います。

医療の現場で血行を阻害することが求められることがあるでしょうが、スキンケアにとっては毒性以外の何物でもありません。(次回へ続く)

アメブロの類似記事




公式ホームページ