投稿

4月, 2021の投稿を表示しています

グリチルリチン酸二カリウム配合薬用シャンプー 肌代謝低下でフケが出にくくなるのは当たり前!

イメージ
  弊社公式サイト内の「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」の連続記事を追記・補完のうえ、再編成いたしました。下記は 第5章 の一部内容の縮小版です。詳細記事をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリック下さい。 ( 連続記事第5章① よりの続き) グリチルリチン酸二カリウム(グリチルリチン酸ジカリウム、グリチルリチン酸2K、GKⅡと同じで医薬品や医薬部外品への配合の場合はこの表記となる) を有効成分として配合された薬用シャンプーには、さまざまな効果効能が宣伝されています。たとえば頭皮に対する効果をみれば、①炎症を抑える、②痒みを抑える、③フケを抑える、④頭皮を健康に導くといった一見魅力的な効果効能が、定番のようです。下にこれらの効果効能を列記しますが、それぞれの効能の負の部分も理解しておくべきでしょう。 ①炎症を抑える 炎症を抑えるということは、自己免疫機能を低下させて、人体に有害物質を経皮摂取させることになるデメリットも生じます。もし頭皮に炎症があるのであれば、炎症の原因を特定し、早目に治療すべきでしょう。 ②痒みを抑える これも①と同様で、痒みの原因を特定すべきでしょう。もし頭皮が乾燥肌であるなら、しっかりと保湿すべきでしょう。グリチルリチン酸ジカリウム配合ヘアケア商材を長期間使用すると、痒み止め効果はだんだんなくなって、やがては痒くてたまらない、悲惨な状況に陥るかもしれません。 ③フケを抑える グリチルリチン酸二カリウムは肌代謝を低下させるため、フケが出にくくなるのは当然のことでしょう。 健康な頭皮であっても、適度なフケは出るものです。過度にフケが発生するのであれば、やはりその原因を早めに特定すべきでしょう。 ④頭皮を健康に導く グリチルリチン酸二カリウム配合商材を常用/長期使用することで、頭皮が脆くなることが医療関係者より報告されています。また頭皮を構成するたんぱく質を糖化させるため、頭皮が薄くなる危険性もあります。 以上のことから、グリチルリチン酸二カリウム配合薬用シャンプーのご使用は、短期間に限ってのご使用が安全といえるでしょう。なお皮膚科に通院されている方は、必ず主治医の先生にご相談下さい。(続きの   連続記事第5章③   へ) ■  ココログ内の類似記事 ■  アメブロ内の類似記事 ■  Hatenaブログ内の関連記事 ■  グリチルリチン酸

花粉症対策になるかもしれないフキ(ふき)を食することは間接的にコロナウイルス対策!?

イメージ
  この投稿記事は、 弊社公式サイト 内の、 美容・健康情報館の記事 をもとに、縮小版として作成しました。ココログ記事の「壮快」臨時増刊号への掲載に関する 前回の記事 よりの続きです。 期待半分またはダメ元で、コロナ対策としてフキを! 花粉症による目の痒みなどで、新型コロナウイルスに感染する危険性が指摘されています。手に付着しているコロナウィルスが傷付いた目の粘膜を通して感染する危険性があるからです。また咳やくしゃみを繰り返すことでダメージを受けて弱った粘膜は病原体に攻撃されやすくなります。したがいまして花粉症対策は、コロナ対策でもあるわけです。 公式サイト内の過去の記事 にても、フキが花粉症対策として有効である可能性について書きましたが、私が知る限りでは、フキが好きまたはフキが食卓に上るご家庭の方には、花粉症でお困りの方はまずおられないのです。先日お話した方にいたっては、ご家族7人の方すべてフキをよく召しあがっておられていた、花粉症でお困りの方はおられないとのことでした。 フキがもし高価な食材であれば、このような記事は書かないでしょう。フキは特段高価な食材ではなく、貧富に関係なく平等に食せる食材です。花粉症でお悩みの方には、ぜひとも試して頂きたいのです。もし効果がなくても、おいしいだけでよろしいのではないでしょうか! フキは春先の旬の食材として、和食には欠かせません。和食を啓蒙することは、少なくとも肥満等の生活習慣病発症を防ぐ効果が顕著にあることから、間接的にコロナ対策になることは明らかなことでしょう。 ( ココログのオリジナル記事 ) (アメブロの類似記事) (はてな縮小版記事)