投稿

ラベル(アレルギー)が付いた投稿を表示しています

USDAオーガニックコスメは乾燥肌や乾燥性敏感肌には危険?

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)
。”USDA organic”認証マークが付されているオーガニックコスメのうちで、アルガンオイルやシアバターといった単一の成分だけのものは別として、防腐剤を要する美容液や化粧水、シャンプーやリンスなどの商品群は、安全性に懸念を感じます。
これらのスキンケア製品やヘアケア製品の多くは、天然由来防腐剤のローズマリー葉エキス(ローズマリーエキス/ROE)と、防腐効果を高めるエタノール(アルコール)が組み合わされて添加されています。
エタノール(アルコール)についてですが、いくらオーガニックのサトウキビ由来だといっても、醸造されたエタノールはエタノール以外の何物でもありません。
エタノールは乾燥肌を悪化させ、お肌に刺激を与えます。
たとえ少量の配合であっても、敏感肌やアトピー肌(アトピー性皮膚炎)にはタブーとされています。
そしてもう一つの添加物であるローズマリー葉エキスですが、これが大きな問題を引き起こす危険性をはらんでいます。
同化粧品成分には、アレルギー性接触皮膚炎や光過敏症などの、副作用があります。
前回の記事で述べた、FDA(アメリカ連邦医薬食品局)の消費者への警告は、この危険性をさしているわけです。
この記事が読者様の、お役に立てれば幸いです。

アレルギーテスト済み化粧品や洗剤は肌が弱い敏感肌やアトピー肌用?

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

アレルギーテスト済の化粧水等コスメや、洗濯用洗剤が販売されています。

このアレルギーテスト済の商材を、お肌が弱い敏感肌の方やアトピー肌(アトピー性皮膚炎)向けとお思いの方が、少なくありません。

しかしアレルギーテストとは、基本的にはお肌がしっかりとした方が、被験者となるわけです。

なぜならお肌が弱い方は、多少の報酬を受け取るために被験者となることは、きわめて考えにくいことです。

ですからアレルギーテスト済みという意味は、お肌が健康で丈夫な方であれば、安全そうとみるべきです。

たとえばアレルギーテスト済のシャンプーや美容液で何らかの肌トラブルが生じたら、安全性を過信せず、注意書きのとおりに直ちにご使用の中止をすべきでしょう。

インターネット上を見渡すと、大半の美容サイトでは1,3-プロパンジオールは安全な防腐剤抗菌剤・保湿剤と書かれているだけです。

この記事が読者様の、お役に立てれば幸いです。

ココログ内の記事

アメブロ内の記事

はてな縮小版記事

ヒノキチオールとグリチルリチン酸ジカリウムの組み合わせは要注意

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

化粧水や薬用化粧水(医薬部外品)などに使用されるヒノキチオールは、天然由来だから安全という宣伝がされています。

しかし今まで人類は、ヒバ油からの抽出物を高濃度で配合した化粧水等を使用した経験がほとんどありません。

肌荒れや皮膚炎等の症状が出たら、すぐに使用を中止すべきでしょう。

「天然=安全」と過信すれば、ご使用の中止が遅れる場合があるようです。

アレルギー性皮膚炎である可能性があり、使い続けるとアレルギーが重篤化する危険性があります。

お肌が弱いアトピー肌(アトピー性皮膚炎)の患者さんでの、健康被害事例もあるようです。

なおグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)も配合されている場合は、抗炎症効果や抗アレルギー効果の為、アレルギー発症を見落とすこともあるようで、より注意が必要のようです。

この記事が、皆様の快適で安全なコスメライフの、一助となれば幸甚です。



公式ホームページ

アレルギーテスト済みの化粧品や洗剤 敏感肌やアレルギー体質にも安全?

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

「アレルギーテスト済み」と表示された化粧水や美容液等コスメや、洗濯用洗剤が人気のようです。

これなら敏感肌の私にも安全!

この洗剤ならアレルギー体質の子供にも安心!

そのように思われがちですが、そこまで安全性が高くない場合があります。

なぜなら、アレルギー体質の方やお肌が弱い敏感肌の方が、アレルギーテストに参加することは、きわめて非現実的だからです。

詳しくお知りになりたい方は、上記のリンクより記事へアクセスして下さい。

この記事が、皆様のお肌の健康のお役に立てれば幸甚です。

アメブロの類似記事

はてなブログ縮小版記事

ココログの類似記事




公式ホームページ

ローズマリー葉エキスの安全性 アレルギーを発症する危険性がある防腐剤

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

ローズマリー葉エキス(別名:ROE,ローズマリーエキス)はm天然由来の防腐剤だから安全だと、同化粧品成分を配合した化粧水等コスメの宣伝で、よく見かけます。しかし天然由来であれば安全だとする根拠など、どこにもありません。

天然由来が安全であるというのでれば、シイタケが産生するホルマリンを集めて防腐剤として化粧水にすれば、安全な化粧水という馬鹿げた理屈が成り立ってしまいます。ご存知のようにホルマリンは猛毒です。

ローズマリーエキス配合の化粧水等化粧品を使用して、肌トラブルを起こす方は、決してすくなくありません。サンプル程度の使用や最初のパッチテストでは反応はでず、化粧水を1瓶か2瓶使い終えるころに、アレルギー性皮膚炎を発症する例が多いようです。

必ずしもアレルギーを発症するほど危険性が高いとは思いませんが、もしお肌に異常が発生したら、勇気をもって即刻使用を中止しましょう。天然由来のオーガニックコスメだからと過信しすぎて、継続使用の挙句に重症化する例もあるようです。

アレルギーが重症化すれば、ローズマリー抽出物を使用した食品はおろか、ローズマリーを配合した芳香剤にも反応するなど、生活が大きく制限されます。またアレルギーは、赤ちゃん・お子さんにも引き継がれる危険性があります。

この情報が、皆様の安全で快適な、コスメライフの一助となれば幸甚です。

アメブロ内の類似記事




公式ホームページ

海藻パック/タラソパック かぶれる原因やアレルギーの原因

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内美容・健康情報館の2010年2月作成の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

タラソテラピー化粧品のなかでも人気の海藻パック(海藻を使用したタラソパック)は、とりわけ美肌力が高いとされています。しかし配合される防腐剤等の添加物、たとえばフェノキシエタノールやエタノール(アルコール)・香料・着色料が原因となり、肌トラブルが生じることがあるようです。(意外とパラベンは、低刺激のようです。)

また配合する海藻成分がデタラメまたは不十分な場合は、グリセリンやBG(1,3-ブチレングリコール)やヒアルロン酸ナトリウム(低分子ヒアルロン酸)などの他の保湿成分で補うような、準海藻パック製品もたくさん見受けられます。グリセリンで肌トラブルが生じることはまずありませんが、BGやヒアルロン酸はお肌の弱い敏感肌の方には、接触性皮膚炎を引き起こす危険性があります。

おすすめの海藻パックは、海藻粉末などを使用した本格的なタラソテラピー海藻パックでですが、アレルギーを引き起こす海藻/海草が配合されている場合があり、お肌に合わない場合が多々あります。弊社が海藻パック(マスクダルモール)を設計した際は、フランス・ブルターニュの海藻工業研究所(CEVA)の安全性情報に従い、処方を決定しました。

また海藻パックの設計そのものが間違っている、たとえば溶出する海洋ミネラルの総量が多すぎる場合は、お肌がヒリヒリと赤くなる場合もあります。ご家庭で海藻パックを手作りされる場合は、とりあえずは塩抜きをしっかりしておくべきでしょう。

海藻パックで得られる効果に関する記事も、弊社公式内に設置いたしました。これらの情報が、皆様のコスメライフの一助となれば幸甚です。

はてなブログシンプル版記事

ココログ内記事




■ アメブロ

■ FACEBOOK

■ TWITTER

■ INSTAGRAM

公式ホームページ