投稿

ラベル(グリチルレチン酸)が付いた投稿を表示しています

グリチルリチン酸ジカリウムの副作用(汚肌効果)を最小化するには?

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

基本的には、グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)を配合した化粧水等コスメを、長期連用すべきではありません。

やむを得ず長期連用する場合は、せめて配合量が少ない化粧品にすべきでしょう。

グリチルリチン酸ジカリウムの配合量が少ない化粧品とは、お顔に塗布した後に著しく美白されない程度です。

それであっても、多少なりともお肌の健康が損なわれますが、真っ白に美白される商材よりは副作用は小さいでしょう。

漢方薬での甘草は無条件で安全性が高いわけではなく副作用も強い!

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)を有効成分とする甘草は、漢方で使用されていたから安全な成分だと、インターネット上でよく書かれています。

しかし漢方薬は、服用する患者さんの体質や症状、そして病状の段階が違った場合は、重い副作用を引き起こすことがあります。

したがいまして、漢方薬の基本に沿えば、手作り化粧水などで甘草エキスやグリチルリチン酸ジカリウムは安易に使用すべきではなく、また高配合はどはもってのほかでしょう。

甘草は正しく使用してこそ、高い安全性が確保される、それが漢方の教えでしょう。(次回へ続く)

アメブロの類似記事




公式ホームページ

化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウム ≒ グリチルレチン酸ステアリル

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

美容液や化粧水等化粧品や薬用化粧品に使用されるグリチルリチン酸ジカリウムは、マメ科植物である甘草が含有する有効成分です。

「グリチルリチン酸2K」または「グリチルリチン酸二カリウム」とも、表記されることがあります。

保湿クリームに使用される場合は、脂溶性の「グリチルレチン酸ステアリル」がよく使用委されます。

経皮摂取されてしまえば、すべて同様の働きをします。(次回へ続く)

アメブロの類似記事




公式ホームページ