投稿

ラベル(効果)が付いた投稿を表示しています

タラソパック(タラソテラピー海藻パック)の美肌効果とは?

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しました。)
海藻パック(海藻を使用したタラソテラピーパック)で得られる効果は、概ねペーストの色で決まってきます。
ただし、勿論、合成着色料等の添加物を、含まない場合です。
ラミナリア・ディギタータ(真昆布の近似種)配合の緑色海藻パックには、すぐれた引締め効果が期待できます。
しかし緑色海藻パックは乾燥肌対策には対応しておらず、うるおい保湿効果はありません。
本当に潤い効果がある海藻パックであれば、乾燥で開いてしまった毛穴はピタっと閉じます。
弊社が販売している「マスク・ダルモール」シリーズは、保湿効果に優れた豊潤海藻も配合した、非緑色海藻パックです。
開いた毛穴ケアやテカリ対策、いちご鼻対策、粉ふき肌対策としても、充分効果を発揮いたします。
高品質の海藻パックで、すっぴん美人に!
ココログの類似記事
アメブロの類似記事
はてな縮小版記事

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)の効果/メリット

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

化粧品や薬用化粧品へのグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)の配合目的は、抗炎症作用や抗アレルギー作用です。

化粧水等コスメに配合されている他の美容成分がお肌に悪さをするのを、防ぐ働きです。

これは言い換えれば、化粧品に低刺激性をもたせて、敏感肌用化粧品に仕上げるということです。

しかしこれは逆から言えば、配合する他の化粧品成分の安全性が高ければ,グリチルリチン酸ジカリウムを配合する意味はほとんどなくなります。

抗アレルギー効果や抗炎症効果の他にも、悪しき配合目的もあるようです。

それはグリチルリチン酸ジカリウムの血行低下作用を悪用して、美白効果があると宣伝することです。

これは薬用美白化粧水等で、よく使われる手法です。

美白クリームの場合は、脂溶性のグリチルレチン酸ステアリルがよく配合されます。

血の巡りを悪くしてお顔を青白くさせるわけですから、これは偽美白効果です。(次回へ続く)

アメブロの類似記事




公式ホームページ

石膏パック セルフ石膏パックや不慣れな施術で低温やけどの危険性

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

エステサロンさんでの人気の施術は、なんといっても石膏パックでしょう。

お肌がとても引き締まり、とても美しくなります。

しかしこの石膏パックをご自宅でお一人ですると、逆効果となる場合も!

それはホームエステとしての、セルフ石膏パックです。

お一人でするので、石膏ペーストの厚みのむらができてしまいます。

ムラができると、厚い部分は熱く、薄い部分はあまり温度が上がりません。

その厚く塗った部分で、低温やけどが発生するわけです。

詳しくお知りになりたい方は、上記のリンクより記事へアクセスして下さい。

この記事が、皆様のお肌の健康のお役に立てれば幸甚です。

アメブロの類似記事

はてなブログ縮小版




公式ホームページ

アルゴテラピーとは? タラソテラピー海藻パック等の美肌効果の高い施術

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

アルゴテラピーとは、タラソテラピーのなかでも美肌効果が高いとされる、海藻の美肌力を利用した美容健康法です。

アルゴトリートメントとは、たとえばエステサロンさんやご自宅でのホームエステで、海藻の美肌力を利用した施術(お手入れ)ということとなります。

陸上植物に果物のリンゴやキノコのシイタケがあるように、海藻にもさまざまなものがあります。

たとえばお肌を引き締めるコンブ(ラミナリア・ディギタータ)や保湿効果のあるモイスチャルガや、ビタミンCを最も多く含むハリコドメルなどなど・・・。

必要とされる美肌効果は、それなりの特性がある海藻でしか得ることはできないため、海藻の選択がもっとも大切なポイントといえるでしょう。

詳しくお知りになりたい方は、上記のリンクより記事へアクセスして下さい。

この記事が、皆様のお肌の健康のお役に立てれば幸甚です。

アメブロの類似記事




公式ホームページ

乾燥肌対策に低分子ヒアルロン酸(ナノヒアルロン酸)は効果的!ですが?

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

低分子ヒアルロン酸(ナノヒアルロン酸)は角質層によく浸透するため、保湿効果は抜群のようです。そのため乾燥肌対策として、とても人気のようです。

しかし効果が抜群ということは、効き過ぎに気をつけなければなりません。同化粧品成分に関して、とくに次のことを気をつけるべきでしょう。

1.同成分配合化粧水や美容液等の塗り過ぎ(なかには数十回重ね塗りする方も!)

2.手作り化粧水に低分子ヒアルロン酸を高配合する

上記のいずれの場合も、角質層内が潤いすぎて水分バランスを失い、顔カビ(顔水虫)になる危険性があります。くれぐれも、保湿効果の欲張り過ぎにはご注意を!

なおヒアルロン酸Na自体は、敏感肌やアトピー肌(アトピー性皮膚炎)にはタブーのようです。

アメブロ内の類似記事



公式ホームページ

濃グリセリンの保湿効果は通常のグリセリンと同じ 手作り化粧水を安価に!

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

濃グリセリンは純度の高い特別なグリセリンとして、ネット上や実店舗で通常のグリセリンよりも高い価格で販売される場合があるようです。「高純度グリセリン」といった言葉も、しばしば使われますが、この濃グリセリンを指しているようです。

この濃グリセリンは、特別な工程を経て製造された、高品位なグリセリンというわけではありません。なぜならグリセリンの製造工程では、まず濃グリセリンが製造されます。しかしそのままでは粘度が高くて、液切れしにくいという欠点があります。そこで精製水を10%程度加えて希釈して、使いやすくしたわけです。

手作り化粧水などの手作り化粧品、濃グリセリンを配合しても結局は希釈されます。ですからドラッグストアさんで販売されている、安価な通常のグリセリンと効果は同じというわけです。すなわち、濃グリセリンとグリセリンの保湿効果は同じです。

この情報が、皆様の快適で経済的なコスメライフの、一助となれば幸甚です。

アメブロ内の類似記事

はてなブログシンプル版記事

ココログ内の記事




公式ホームページ

海藻パック/タラソパック かぶれる原因やアレルギーの原因

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内美容・健康情報館の2010年2月作成の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

タラソテラピー化粧品のなかでも人気の海藻パック(海藻を使用したタラソパック)は、とりわけ美肌力が高いとされています。しかし配合される防腐剤等の添加物、たとえばフェノキシエタノールやエタノール(アルコール)・香料・着色料が原因となり、肌トラブルが生じることがあるようです。(意外とパラベンは、低刺激のようです。)

また配合する海藻成分がデタラメまたは不十分な場合は、グリセリンやBG(1,3-ブチレングリコール)やヒアルロン酸ナトリウム(低分子ヒアルロン酸)などの他の保湿成分で補うような、準海藻パック製品もたくさん見受けられます。グリセリンで肌トラブルが生じることはまずありませんが、BGやヒアルロン酸はお肌の弱い敏感肌の方には、接触性皮膚炎を引き起こす危険性があります。

おすすめの海藻パックは、海藻粉末などを使用した本格的なタラソテラピー海藻パックでですが、アレルギーを引き起こす海藻/海草が配合されている場合があり、お肌に合わない場合が多々あります。弊社が海藻パック(マスクダルモール)を設計した際は、フランス・ブルターニュの海藻工業研究所(CEVA)の安全性情報に従い、処方を決定しました。

また海藻パックの設計そのものが間違っている、たとえば溶出する海洋ミネラルの総量が多すぎる場合は、お肌がヒリヒリと赤くなる場合もあります。ご家庭で海藻パックを手作りされる場合は、とりあえずは塩抜きをしっかりしておくべきでしょう。

海藻パックで得られる効果に関する記事も、弊社公式内に設置いたしました。これらの情報が、皆様のコスメライフの一助となれば幸甚です。

はてなブログシンプル版記事

ココログ内記事




■ アメブロ

■ FACEBOOK

■ TWITTER

■ INSTAGRAM

公式ホームページ