投稿

ラベル(化粧水)が付いた投稿を表示しています

グリチルリチン酸ジカリウムの副作用(汚肌効果)を最小化するには?

イメージ
(この投稿記事は、 弊社公式サイト 内の、 美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文 のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。) 基本的には、グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)を配合した化粧水等コスメを、長期連用すべきではありません。 やむを得ず長期連用する場合は、せめて配合量が少ない化粧品にすべきでしょう。 グリチルリチン酸ジカリウムの配合量が少ない化粧品とは、お顔に塗布した後に著しく美白されない程度です。 それであっても、多少なりともお肌の健康が損なわれますが、真っ白に美白される商材よりは副作用は小さいでしょう。

ヒノキチオールとグリチルリチン酸ジカリウムの組み合わせは要注意

イメージ
(この美容関連記事は、 弊社公式サイト 内の、 美容・健康情報館の記事 をもとに、縮小版として作成しております。) 化粧水や薬用化粧水(医薬部外品)などに使用されるヒノキチオールは、天然由来だから安全という宣伝がされています。 しかし今まで人類は、ヒバ油からの抽出物を高濃度で配合した化粧水等を使用した経験がほとんどありません。 肌荒れや皮膚炎等の症状が出たら、すぐに使用を中止すべきでしょう。 「天然=安全」と過信すれば、ご使用の中止が遅れる場合があるようです。 アレルギー性皮膚炎である可能性があり、使い続けるとアレルギーが重篤化する危険性があります。 お肌が弱いアトピー肌(アトピー性皮膚炎)の患者さんでの、健康被害事例もあるようです。 なおグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)も配合されている場合は、抗炎症効果や抗アレルギー効果の為、アレルギー発症を見落とすこともあるようで、より注意が必要のようです。 この記事が、皆様の快適で安全なコスメライフの、一助となれば幸甚です。   ( 公式ホームページ )

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)の老化促進の危険性

イメージ
(この投稿記事は、 弊社公式サイト 内の、 美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文 のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。) グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)のステロイド様作用により、同化粧品成分配合コスメが塗布された皮膚組織内部では、糖があふれる状態となります。 この状態は糖尿病患者さんのお肌と、同じ状態というわけです。 このことから、グリチルリチン酸ジカリウム配合化粧水をお肌に塗布すれば、お肌が脆くなり、老化が促進される副作用が懸念されます。(次回へ続く) ( アメブロの類似記事 )   ( 公式ホームページ )

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)のステロイド様作用

イメージ
(この投稿記事は、 弊社公式サイト 内の、 美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文 のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。) グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)のステロイド様作用は、ステロイド剤とは必ずしも同じ経路ではなく、別の経路をたどって同じ効果をもたらすものもあるようです。 このグリチルリチン酸ジカリウムのステロイド様作用は、ステロイド剤と比べると微弱との見方が一般的です。 しかしグリチルリチン酸ジカリウム配合洗顔石鹸で洗顔し、グリチルリチン酸ジカリウム配合化粧水で保湿し、グリチルリチン酸ジカリウム配合美容液でお肌を整えるといった重複使用で、ステロイド剤より微弱とは言い切れない危険性があります。(次回へ続く) ( アメブロの類似記事 )   ( 公式ホームページ )

グリチルリチン酸ジカリウム(2K)配合化粧水等化粧品で即効美白は危険!

イメージ
(この美容関連記事は、 弊社公式サイト 内の、 美容・健康情報館の記事 をもとに、縮小版として作成しております。) 化粧品や薬用化粧品へのグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)の配合量は、法令で厳しく制限されています。 数値的には、上記の記事をご覧ください。 ただ、数値でとらえても、具体的にどのレベルが危険ということは、なかなかわかりづらいところがります。 アルガアイ流に申し上げるなら、同化粧品成分配合化粧水等を塗布した後に、お顔が著しく真っ白になるようなレベルであれば、長期連用すべきスキンケア製品ではないでしょう。 お顔が美白(偽美白)されている間は血行が著しく阻害され、お肌の健康は失われおのずと美しさを失います。 医療の現場で血行を阻害することが求められることがあるでしょうが、スキンケアにとっては毒性以外の何物でもありません。(次回へ続く) ( アメブロの類似記事 )   ( 公式ホームページ )

乾燥肌対策に低分子ヒアルロン酸(ナノヒアルロン酸)は効果的!ですが?

イメージ
(この美容関連記事は、 弊社公式サイト 内の、美 容・健康情報館の記事 をもとに、縮小版として作成しております。) 低分子ヒアルロン酸(ナノヒアルロン酸)は角質層によく浸透するため、保湿効果は抜群のようです。そのため乾燥肌対策として、とても人気のようです。 しかし効果が抜群ということは、効き過ぎに気をつけなければなりません。同化粧品成分に関して、とくに次のことを気をつけるべきでしょう。 1.同成分配合化粧水や美容液等の塗り過ぎ(なかには数十回重ね塗りする方も!) 2.手作り化粧水に低分子ヒアルロン酸を高配合する 上記のいずれの場合も、角質層内が潤いすぎて水分バランスを失い、顔カビ(顔水虫)になる危険性があります。くれぐれも、保湿効果の欲張り過ぎにはご注意を! なおヒアルロン酸Na自体は、敏感肌やアトピー肌(アトピー性皮膚炎)にはタブーのようです。 ( アメブロ内の類似記事 )   ( 公式ホームページ )

フェノキシエタノールはパラベンより低刺激性で安全な化粧品用防腐剤?

イメージ
(この美容関連記事は、 弊社公式サイト 内の、 美容・健康情報館の記事 をもとに、縮小版として作成しております。) パラベンを配合しない完全無添加化粧水! パラベン配合化粧水等コスメは環境ホルモンの疑いがあり危険! フェノキシエタノールは茶葉にも含有される天然成分だから低刺激性で安全! フェノキシエタノール配合美容液等化粧品が、このようなキャッチフレーズでインターネット上や実店舗で販売されています。はたして信頼性は? まず第一に、フェノキシエタノールにも、環境ホルモンの疑いはあります。 第二に、天然成分だから安全だといった、根拠はどこにも存在しません。そのような理屈が通るのであれば、シイタケが産生するホルモンは安全といったことにもなります。 決してパラベンを肯定するわけではありませんが、パラベンは食品にも使用される、安全性の高い防腐剤とされています。いっぽうフェノキシエタノールは、食品添加物には使用できない、きわめて毒性の高い防腐剤です。 シイタケも茶葉も過熱するから、毒物であるフェノキシエタノールが蒸発してなくなるわけです。ホルマリンもフェノキシエタノールも、人間を含む動物から身を守るために、産生されると考えられます。 最後になりますが、弊社のお客様のうちで、パラベン配合化粧水で肌トラブルを起こした方はおられないのが実情です。イチバン多いのがローズマリー葉エキスを防腐剤とするローションで、次に1,2-ヘキサンジオール配合品、次に多いのがフェノキシエタノールです。 この情報が皆様の快適で安全な、コスメライフにお役に立てれば幸甚です。 ( アメブロ内の類似記事 ) ( はてなブログ縮小版 ) ( ココログの類似記事 )   ( 公式ホームページ )

1,2-ヘキサンジオール配合パラベンフリーの化粧水等化粧品の安全性/危険性

イメージ
(この美容関連記事は、 弊社公式サイト 内の、 美容・健康情報館の記事 をもとに、縮小版として作成しております。) パラベンは危険な防腐剤!  ノンパラベン敏感肌用化粧水!! パラベンフリーの無添加オーガニック化粧品なので安全!!! こんなキャッチフレーズで、代替防腐剤である1,2-ヘキサンジオール配合化粧水等コスメが、ネットショップや実店舗で販売されています。挙句の果てには・・・。 1,2-ヘキサンジオールはグリセリンと同様に安全な保湿成分! このようなPRも、なされているようです。はたして本当でしょうか? アメリカでは1,2-ヘキサンジオールは、肝臓や腎臓にダメージを与える、危険性の高い化学物質とされています。催奇性や発がん性の毒性評価がはなされておらず、州政府などでは国民に対して注意を呼びかけているほどです。 化粧品用の防腐剤として配合した場合の危険性に関しては、製造者側によるわずかなテスト程度だけで、パラベンに比べれば安全性データの蓄積は皆無といえる状況です。 なお、1,2-ヘキサンジオールの異性体は、虫よけや殺虫剤の有効成分としても、よく利用されています。決してパラベンを肯定するわけではありまえんが、このあたりもお考え合わせの上、パラベン配合コスメよりも安全であるか否かを、ご判断すべきでしょう。 この情報が、皆様の快適で経済的なコスメライフの、一助となれば幸甚です。 ( アメブロ内の類似記事 )     ( 公式ホームページ )

ローズマリー葉エキスの安全性 アレルギーを発症する危険性がある防腐剤

イメージ
(この美容関連記事は、 弊社公式サイト 内の、 美容・健康情報館の記事 をもとに、縮小版として作成しております。) ローズマリー葉エキス(別名:ROE,ローズマリーエキス)はm天然由来の防腐剤だから安全だと、同化粧品成分を配合した化粧水等コスメの宣伝で、よく見かけます。しかし天然由来であれば安全だとする根拠など、どこにもありません。 天然由来が安全であるというのでれば、シイタケが産生するホルマリンを集めて防腐剤として化粧水にすれば、安全な化粧水という馬鹿げた理屈が成り立ってしまいます。ご存知のようにホルマリンは猛毒です。 ローズマリーエキス配合の化粧水等化粧品を使用して、肌トラブルを起こす方は、決してすくなくありません。サンプル程度の使用や最初のパッチテストでは反応はでず、化粧水を1瓶か2瓶使い終えるころに、アレルギー性皮膚炎を発症する例が多いようです。 必ずしもアレルギーを発症するほど危険性が高いとは思いませんが、もしお肌に異常が発生したら、勇気をもって即刻使用を中止しましょう。天然由来のオーガニックコスメだからと過信しすぎて、継続使用の挙句に重症化する例もあるようです。 アレルギーが重症化すれば、ローズマリー抽出物を使用した食品はおろか、ローズマリーを配合した芳香剤にも反応するなど、生活が大きく制限されます。またアレルギーは、赤ちゃん・お子さんにも引き継がれる危険性があります。 この情報が、皆様の安全で快適な、コスメライフの一助となれば幸甚です。 ( アメブロ内の類似記事 )       ( 公式ホームページ )

濃グリセリンの保湿効果は通常のグリセリンと同じ 手作り化粧水を安価に!

イメージ
(この美容関連記事は、 弊社公式サイト 内の、 美容・健康情報館の記事 をもとに、縮小版として作成しております。)   濃グリセリンは純度の高い特別なグリセリンとして、ネット上や実店舗で通常のグリセリンよりも高い価格で販売される場合があるようです。「高純度グリセリン」といった言葉も、しばしば使われますが、この濃グリセリンを指しているようです。 この濃グリセリンは、特別な工程を経て製造された、高品位なグリセリンというわけではありません。なぜならグリセリンの製造工程では、まず濃グリセリンが製造されます。しかしそのままでは粘度が高くて、液切れしにくいという欠点があります。そこで精製水を10%程度加えて希釈して、使いやすくしたわけです。 手作り化粧水などの手作り化粧品、濃グリセリンを配合しても結局は希釈されます。ですからドラッグストアさんで販売されている、安価な通常のグリセリンと効果は同じというわけです。すなわち、濃グリセリンとグリセリンの保湿効果は同じです。 この情報が、皆様の快適で経済的なコスメライフの、一助となれば幸甚です。 ( アメブロ内の類似記事 ) ( はてなブログシンプル版記事 ) ( ココログ内の記事 )       ( 公式ホームページ )