投稿

ラベル(黒ずみ)が付いた投稿を表示しています

くすみ対策・黒ずみ対策 グリチリルリチン酸ジカリウムは逆効果?

イメージ
(この投稿記事は、 弊社公式サイト 内の、 美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文 のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。) お肌のくすみ肌対策や黒ずみ対策として、グリチルリチン酸ジカリウム(GKⅡ/グリチルリチン酸2K)配合美白化粧水等コスメをおすすめしている美容サイトを見かけます。 肌荒れ防止として一時的に同化粧品成分の効能を頼る程度であれば、間違いとはいえないかもしれません。 肌荒れを起こせば、大なり小なりお肌は黒ずんでしまいますから! しかしグリチルリチン酸ジカリウム配合化粧品を長期連用すると、間違いなく肌代謝(お肌の新陳代謝)は低下して、透明感のあるお肌ができるスピードは落ちます。 その上老廃物がお肌に溜まるわけですから、これ以上論じる必要もないでしょう。 つまり同化粧品成分配合美容液などを長期連用すると、逆効果になる危険性があるというわけです。 グリチルリチン酸ジカリウムと同様の効果をもつグリチルレチン酸ステアリル配合美白クリーム等も、やはり同様の結果となるでしょう。 この記事が読者様の、お役に立てれば幸いです。 ( ココログの類似記事 ) ( アメブロの類似記事 ) ( はてな縮小版記事 )

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)の偽美白効果

イメージ
(この投稿記事は、 弊社公式サイト 内の、 美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文 のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。) 化粧品や薬用化粧品へのグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)のデメリットは、美肌作りには致命的な性質があります。 新陳代謝や血行/血流が低下して、お肌がくすんだり黒ずんだり、ひどい場合にはお顔に浮腫(セルライト)ができることもあります。 これは偽美白効果の副作用といえるでしょう。 ( アメブロの類似記事 )   ( 公式ホームページ )