投稿

ラベル(ニキビ)が付いた投稿を表示しています

グリチルリチン酸ジカリウム配合薬用化粧水でニキビ改善できない原因

イメージ
(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

ニキビケアにグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K/カンゾウ根エキス)を配合した薬用化粧水等を使用すると、逆効果となり、にきびが悪化する危険性もあります。

有効成分としてのグリチルリチン酸ジカリウムの役割は、炎症を抑えてニキビを大きくしないことです。

これはグリチルリチン酸ジカリウムがもつ、抗炎症作用を利用したものです。

しかし抗炎症作用とは免疫機能のひとつであり、グリチルリチン酸ジカリウムは免疫力を低下させるというわけです。

当然ながらアクネ菌やニキビ菌にたいする皮膚の抵抗力も、低下することとなります。

すると日和見菌さえも、お肌に攻撃をしかけることとなり、お肌の上で雑菌の反乱が勃発する危険性が、でてくることととなります。

もちろん、ニキビケア用の薬用コスメでニキビが鎮静化するのであれば、何ら問題のないことかもしれません。

しかしグリチルリチン酸ジカリウム配合化粧水を長期使用してもニキビが改善されない、または悪化してきている場合は、お肌の免疫力が低下していることを疑うべきでしょう。

すぐに使用を中止して、医療機関での診察を受けるべきでしょう。

同化粧品成分が配合されたコスメ等が浸透した肌組織内部では、ステロイド様作用により糖が過剰に産生し、糖尿病患者さんのお肌のように糖が溢れる状態となります。

この記事が読者様の、お役に立てれば幸いです。

治らない思春期ニキビ 原因と改善・再発防止 洗顔料は?

イメージ
(この美容関連記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しております。)

中高生のお子様がいったんニキビを発症すると、なかなか治らない場合が多いようです。

また、抗炎症作用のある薬用化粧水で、どんどん悪化する場合も!(これについては別の記事にて投稿の予定)

原因の多くは、お母さまが使用する洗顔フォームにあるようです。

洗顔フォームとは、ダブル洗顔時に使用される、合成洗剤です。

メイクの残骸混りのクレンジングオイルは純石鹸では洗い流すことが不可能なため、この合成洗剤を使用するわけです。

しかしメイクをしない中高生のお子様には、洗顔フォームはまったく必要ありません。

もし合成界面活性剤の弱い体質である場合は、お肌がたちまち乾燥してしまい、その乾燥を防止するために皮脂の過剰分泌、そしてテカリが生じます。

これがニキビ発症に、直結する危険性があるわけです。

詳しくは上記の、弊社公式サイト内の記事にて、ご紹介しております。

この記事が、お子様のお肌の健康のお役に立てれば幸甚です。

アメブロの類似記事




公式ホームページ