グリチルリチン酸ジカリウム含有の甘草は漢方では長期服用は危険!

 手作り化粧水 アクアダルモール

(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)を有効成分とする甘草(カンゾウ根)は漢方薬の世界では、長期服用は危険なためタブーとされています。

しかし日本の化粧品限界では、先人の教えが軽視されて、健康被害が生じているのが現実です。

その最大の事故は、ロドデノール白斑事故と小麦アレルギー事故でしょう。

アメブロの類似記事

 
 海藻パック マスクダルモール

公式ホームページ

コメント

このブログの人気の投稿

エチルヘキサン酸セチル配合クレンジングオイルでのダブル洗顔不要は危険

植物性 植物由来BG(1,3-ブチレングリコール)の安全性/危険性

1,3-プロパンジオール 化粧品成分としての安全性・危険性