ピーリングで炎症が起きる原因はグリチルリチン酸ジカリウム(2K)?

 手作り化粧水 アクアダルモール

(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

くすんだり黒ずんだ角質層を除去する方法として、ピーリングがもっとも人気のようです。

わざわざエステティックサロンさんに予約を入れて来店せずとも、ホームエステ用途としてスクラブ剤がインターネットショップやバラエティーショップ等で気軽に購入できます。

ただし、フルーツ酸といった劇薬主剤のケミカルピーリング剤は危険性が高く、また化粧品用途としては違法(薬機法違反)であるため、注意しましょう。

さて、このスクラブ剤ですが、ケミカルピーリング剤であればまったく安全というわけではありません。

すっきりキレイに角質層ケアができたもののその後炎症を起こして、逆に黒ずんでしまう
ケースは少なくないのです。

その大きな原因として考えられるのが、薬用美白化粧水などによく配合されるグリチルリチン酸ジカリウム(GKⅡ/グリチルリチン酸2K)や、美白クリーム等に配合されるグリチルレチン酸ステアリルなどの、カンゾウ根エキス(甘草)から抽出した化粧品成分です。

これらの化粧品成分配合コスメを長期連用すると、肌組織のタンパク質が糖に分解されてしまい、その結果お肌は薄くなります。

また同化粧品成分には血行を阻害する働きがあるため、肌代謝(ターンオーバー)が乱れたり阻害されることとなります。

いわゆるステロイド様作用と呼ばれる、副作用です。

つまりそのくすんだ角質層も必要なわけで、それをピーリングで削り取ってしまうから、炎症を生じるわけです。

そしてもうひとつ大切なことですが、なぜピーリングをする羽目に陥ったかということです。

「美白!」「美白!!」「美白!!」と、美白効果を追い求めて、美白化粧品を多用していませんでしたか?

通常の健康なお肌であれば、弱アルカリ性の純石鹸洗顔で不要となった角質層は、「垢」として簡単に落ちるでしょう。

この記事が読者様の、美肌作りのお役に立てれば幸いです。




 海藻パック マスクダルモール

コメント

このブログの人気の投稿

エチルヘキサン酸セチル配合クレンジングオイルでのダブル洗顔不要は危険

植物性 植物由来BG(1,3-ブチレングリコール)の安全性/危険性

1,3-プロパンジオール 化粧品成分としての安全性・危険性