新型コロナウィルス感染拡大防止のための不謹慎狩り?

 手作り化粧水 アクアダルモール

(この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事「アルガアイ流新型コロナウィルス対策のまとめ」全文のうちの一部をもとに、縮小版として作成しました。)

今回より新型肺炎/新型コロナウィルス対策に関連する、連載記事をスタートいたしました。最初にお断りをさせて頂きますが、当記事は政府の政策を後押しすることや、反対に批判することを目的としたものではありません。新型肺炎・新型コロナウィルスを取り巻く環境下で、今何が起きているか、また何が問題なのかを、多角的に検証するために書きました。他のサイトでは、あまり見かけない切り口の論調と思われます。

連載の前半では、主としてコロナ対策における問題点や疑問点について、後半では感染リスクを低める工夫について書いてまいります。じつはちょっとした油断で、新型コロナウィルスに体内へのルートを作ってしまう危険性があります。記事は適時追加・アップしてまいりますので、よろしくお願いいたします。

【以下本文】

●非常識きわまりない!!

●あなたみたいな人をモラルがないっていうのよ!

これは私の知人がある女性から、ヒステリックに浴びせられた非難の言葉です。知人は趣味と健康維持を兼ねて、スポーツ(球技)をこれまで欠かさず行ってきました。そのため日々のストレス発散もでき、また風邪やインフルエンザなどにも感染しにくい、とても理想的な体質を維持していました。

今般の政府主導による新型コロナウィルス感染症の拡大防止方針に沿い、公共施設では体育館だけでなく屋外の利用も休止する自治体があります。いっぽう、換気のよい体育館や屋外施設は感染の危険性が低いとして利用を許可する自治体もあります。知人がその女性に「すべて自粛していたら逆効果。いざという時には新型コロナウィルスを跳ね返せる体力をつけておくことも大事。」との旨の発言をその女性にしたところ、冒頭の非難の言葉が頭ごなしに浴びせられたわけです。

知人によればその女性はいわゆるメタボ(肥満体気味)で、スポーツなどはしない生活習慣でした。知人はその非難の言葉に不本意さを感じながらも、何を話してもその女性が受け入れる状況でないと判断。あえてその女性には反論しませんでしたが、概ね下記のような思いがあったようです。

●メタボリックシンドロームで低体温の体質であれば病原菌に侵されやすく、宿主(病原菌の協力者)となって周囲の人に病原菌をばらまく。

●自らもっている有害な菌やウィルスを他人に感染させるような迷惑行為をしたくない意味もあり、食事も含めて日頃から健康体を維持するように心がけている。

自らの体型や健康をコントロールできない人に、「モラルがない!」などと言われたくない。

ここでお断りをさせて頂きますが、この記事は太り気味またはぽっちゃり体型の方々を、非難したり中傷することを目的としたものではありません。たしかに昨今の企業では、自らをコントロールできない人はろくな仕事をできない等の理由により、喫煙者や太っている方を採用しない動きはありますが、それはまた別の問題です。

問題とするのは、いきすぎた「不謹慎狩り」です。インターネット上では「不謹慎厨」とも称されているようです。私はすべての「不謹慎」という言葉を発する方を、不謹慎厨だと言っているわけではありません。

屋外であれば感染のリスクも低く利用者の健康維持に役立つと、政府の方針から大きく外れない程度に自治体が判断したわけです。その何の落ち度もない知人が、頭ごなしに人格否定されたわけです。このような不条理なことは全国的に起こっているようで、小さからずの社会問題化ているようです。(→ 次の記事





 海藻パック マスクダルモール

コメント

このブログの人気の投稿

エチルヘキサン酸セチル配合クレンジングオイルでのダブル洗顔不要は危険

植物性 植物由来BG(1,3-ブチレングリコール)の安全性/危険性

1,3-プロパンジオール 化粧品成分としての安全性・危険性