グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)のメリットとデメリット

  手作り化粧水 アクアダルモール

弊社公式サイト内の「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」の連続記事を追記・補完のうえ、再編成いたしました。下記は第2章の一部内容の縮小版です。詳細記事をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリック下さい。

連続記事第1章②よりの続き)

今回の記事よりは、グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム/GKⅡ/グリチルリチン酸二カリウム)のメリットとデメリットについて、書いてまいりたいと思います。まずはメリットですが、化粧品メーカー(製造販売元)からみた場合には、2種類メリット(配合目的)があるようです。まずは表向きのメリットについて述べたいと思います。

化粧品製造会社が化粧水等コスメや薬用化粧水等医薬部外品にグリチルリチン酸2Kを配合する主たる目的は、抗炎症効果です。その化粧品や薬用化粧品に含まれている他の化粧品成分の刺激によって引き起こされる、肌荒れの防止です。グリチルリチン酸2Kがもつ血流抑制作用や免疫抑制作用で、肌荒れを抑え込もうということです。ですからグリチルリチン酸2Kは、お肌が弱い敏感肌の方やアレルギー体質に方には、心強い味方といえるかもしれません。

しかしこれを裏返せば、化粧品を誰のお肌にも合うようにするために、グリチルリチン酸2Kを配合するということであり、むしろ製造者側のメリットである性質が大きいといえるでしょう。化粧品メーカー側としては、大量生産でコストを下げるために、万人受けする製品を製造する必要があります。

単純な配合だけでは消費者の目には魅力的な製品とは映らないため、全成分中に話題の美肌成分などを散りばめて、できるだけゴージャスな雰囲気を作り上げる必要があります。しかし配合成分の種類が増えるれば増えるほど、刺激性接触皮膚炎やアレルギー性接触皮膚炎等の肌トラブルの危険性は高まります。

そこで便利な道具として配合されるのが、このグリチルリチン酸2Kというわけです。この化粧品成分にはステロイド様作用があり、血管を収縮させて血行を抑える作用があります。化粧水等コスメに含有されている美肌成分でアレルギー性皮膚炎が生じた場合は、塗布した部位に血行不全を生じさせることにより、その炎症を抑え込んだり軽微にする効果があるわけです。連続記事第2章②へ)

■ グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ 序章(目次を含む)


コメント

このブログの人気の投稿

エチルヘキサン酸セチル配合クレンジングオイルでのダブル洗顔不要は危険

植物性 植物由来BG(1,3-ブチレングリコール)の安全性/危険性

1,3-プロパンジオール 化粧品成分としての安全性・危険性