グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム/グリチルリチン酸二カリウム/GKⅡ)のステロイド様作用とは?

 手作り化粧水 アクアダルモール

弊社公式サイト内の「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」の連続記事を追記・補完のうえ、再編成いたしました。下記は第3章の一部内容の縮小版です。詳細記事をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリック下さい。

連続記事第2章④よりの続き)

グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸2K/グリチルリチン酸二カリウム/GKⅡ)にはステロイド様作用があるとされています。これはグリチルリチン酸2Kとステロイドの分子構造が酷似しているためだとされています。そのためにステロイド剤と同様の、抗炎症作用や抗アレルギー作用があります。

アトピー性皮膚炎患者さんのスキンケア(アトピーケア)として、ステロイド剤の代わりにグリチルリチン酸ジカリウム(医薬部外品での表示はグリチルリチン酸二カリウム)配合化粧水が使用される場合もあるようです。ステロイド剤よりも作用が穏やかであり、副作用も軽微といった認識からのようですが、これには大きな落とし穴があるようです。(詳しくは後段にて)

また同じ作用をしないまでも、ステロイド剤とは違った経路をたどって、結果的には同じ作用を及ぼす例もあるようです。グリチリルリチン酸2Kは、体内のたんぱく質や脂肪をブドウ糖に変える「糖化作用」があります。この場合の「糖化」とは、最近注目されている「最終糖化産物(AGEs)」を産生する作用である「糖化作用(メイラード反応)」とは別のものです。

ステロイド剤が救命措置として必要とされる例として、患者さんがショック状態の低血糖の生命が危険な時に、ステロイドが投与されることがあるようです。これはステロイド剤が体内での糖化促進して、血糖値を上げる作用を狙ったものです。

糖化に関与する副腎皮質ホルモンには、「活性型コルチゾール」と「不活性型コルチゾン」があります。活性型とは、糖化させる力のあるとされています。じつはステロイド剤の主要な有効成分は、この「活性型コルチゾール」というわけです。

「活性型コルチゾール」は生体内から分泌される“11β-HSD2”と呼ばれる変換酵素により、「不活性型コルチゾン」に変換されることが、最近明らかとなっています。また一方では、「不活性型コルチゾン」を「活性型コルチゾール」に変換する酵素“11β-HSD1”が分泌されることも、わかってきています。

これらの酵素は体内での「活性型コルチゾール」の量を制御することで、血糖値を正常にコントロールする働きがあるとされています。ステロイド剤の場合は直接的に働いて血糖値を上げますが、グリチルリチン酸2Kの場合は「活性型コルチゾール」を「不活性型コルチゾン」に変換する酵素“11β-HSD2”の働きを妨げることで血糖値を上げることが、明らかとなってきました。

瀕死の状態の患者さんにとっては、ブドウ糖を得ることは大切なことでしょう。しかしお肌に潤いを与えたり美しくするために、ブドウ糖は必要でしょうか?

お肌はブドウ糖を欲しているのでしょうか??

ここが最大のポイントですが、お肌はブドウ糖を欲してなどいません!

むしろ不要なブドウ糖が増え過ぎることは、美肌作りにはマイナスなのであり、この点を多くの消費者が見落とされているのが実情なのです。連続記事第3章② へ)

ココログ内の類似記事

アメブロ内の類似記事

Hatenaブログ内の関連記事

■ グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ 序章(目次を含む)


コメント

このブログの人気の投稿

エチルヘキサン酸セチル配合クレンジングオイルでのダブル洗顔不要は危険

植物性 植物由来BG(1,3-ブチレングリコール)の安全性/危険性

1,3-プロパンジオール 化粧品成分としての安全性・危険性