甘草/カンゾウ根エキスの手作り化粧品/コスメへの配合で副作用の危険性

  手作り化粧水 アクアダルモール

弊社公式サイト内の「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」の連続記事を追記・補完のうえ、再編成いたしました。下記は第1章の一部内容の縮小版です。詳細記事をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリック下さい。

手作りコスメの素材を販売しているネットショップでは、「甘草エキス(カンゾウ根エキス)は漢方で使用されてきたものだから安全!」などといった、文言が書かれています。はたしてそれは、事実なのでしょうか?

日本では漢方薬は、比較的穏やかな働きで副作用は緩やかと、捉える風潮があります。しかしこれは、事実ではありません。そもそも漢方薬とは、しっかりとした対面販売が基本です。お客さんには椅子に座ってもらい、健康状態はもちろんのこと、顔色や体臭までも確かめた上で、お客さんの体質や症状に合わせた薬を販売するわけです。そうして初めて高い安全性が確保された漢方薬を提供できるわけです。

ですから体質等に合わないと、逆にを悪化させる等の副作用の危険性が出てきます。そういうわけで、甘草抽出物であるグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)も、注意が必要というわけです。ですから先ほどの「漢方だから安心」は誤りであり、「漢方は正しく使えば安心」とすべきなのです。

以上のことから手作り化粧品と言えども、甘草は正しく使用しなければ、副作用を起こす危険性があります。(続きの記事へ)

■ グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ 序章(目次を含む)


コメント

このブログの人気の投稿

エチルヘキサン酸セチル配合クレンジングオイルでのダブル洗顔不要は危険

植物性 植物由来BG(1,3-ブチレングリコール)の安全性/危険性

1,3-プロパンジオール 化粧品成分としての安全性・危険性