グリチルリチン酸二カリウム(グリチルリチン酸ジカリウム)の副作用と危険性

 手作り化粧水 アクアダルモール

弊社公式サイト内の「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」の連続記事を追記・補完のうえ、再編成いたしました。下記は第2章の一部内容の縮小版です。詳細記事をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリック下さい。

連続記事第2章③よりの続き)

過去の記事にてグリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸2K/グリチルリチン酸二カリウム/GKⅡ)が配合された化粧水等コスメの他の美肌成分がお肌に刺激を与える等のお肌に合わない時は、グリチリルリチン酸2Kがもつ抗炎症効果や抗アレルギー効果によって、お肌が保護されることを述べました。

ですからグリチリルリチン酸2K配合コスメは、お肌が弱い敏感肌やアトピー肌(アトピー性皮膚炎)にとっては、たいへん安心なように思えます。そういうことで敏感肌用化粧水などには、このグリチルリチン酸2Kがよく配合されています。

しかしグリチルリチン酸2Kが、お肌を健やかにする効果があるわけではありません。むしろグリチルリチン酸2Kはステロイド剤と同様に、生命を危険にさらす危険性さえもあります。なぜなら炎症もアレルギー反応も本来は身体に備わった生命保護のシステムで、すなわち免疫システムだからです。

身体に経皮摂取されては危険だから、アレルギー性皮膚炎などを生じさせて、アレルゲンや危険な化学物質などの有害物質の経皮摂取を免れようとするわけです。炎症はアラームであり、警告ランプとも言えます。グリチルリチン酸2Kの一番恐ろしい点は、このアラームを鳴らないようにしてしまうのです。

それが具現化したのが、お茶石鹸(医薬部外品)による加水分解小麦アレルギー事故と、薬用美白化粧水(医薬部外品)のロドデノール白斑事故であると考えられます。あまり焦点とならなかったのですが、両スキンケア製品には有効成分として、「グリチルリチン酸二カリウム」との記述がありました。

もしこれらのコスメにグリチルリチン酸2Kが配合されていなかったら、これらの大惨事は発生しなかった可能性が高いと考えられるわけです。とくに薬用美白石鹸の場合は、重篤なアナフィラキシーショックに陥るような、生命の危険にさらされた方がたくさんおられたと、聞き及びます。

このようにグリチルリチン酸2Kの偽美白効果を悪用することは、とても危険な行為なのです。この偽美白効果の悪用については、厚生労働省においてこの薬用美白化粧水が医薬部外品として承認される途上で、グリチルリチン酸2Kを配合した美白化粧水に対する懸念が、議事録に記録されています。

二度あることは往々にして、三度あるものです。もちろん起って欲しくはありませんが、次はグリチルリチン酸2Kと何の組み合わせで三度目の化粧品事故が起こるかと、非常に懸念されるところです。連続記事第3章① へ)

ココログ内の類似記事

アメブロ内の類似記事

Hatenaブログ内の関連記事

■ グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ 序章(目次を含む)


コメント

このブログの人気の投稿

エチルヘキサン酸セチル配合クレンジングオイルでのダブル洗顔不要は危険

植物性 植物由来BG(1,3-ブチレングリコール)の安全性/危険性

1,3-プロパンジオール 化粧品成分としての安全性・危険性