甘草(カンゾウ根エキス)の常用/長期使用は危険というのが漢方の教え!

  手作り化粧水 アクアダルモール

弊社公式サイト内の「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」の連続記事を追記・補完のうえ、再編成いたしました。下記は第4章の一部内容の縮小版です。詳細記事をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリック下さい。

連続記事第3章③よりの続き)

ステロイド剤を要するアトピー性皮膚炎のスキンケア(いわゆる「アトピーケア」)などの場合を除いて、ステロイド剤を常用/長期使用する健常者の方は、まずおられないでしょう。薬効の強いステロイド剤を常用すれば、もはやステロイド剤なしではお肌の収拾がつかない、ステロイド依存症/中毒に陥る危険性があります。そのため健常者がステロイド剤を使用する際は、きわめて短期間での使用が求められます。

日本で古くより確立されてきた漢方の常識でも、グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸2ジカリウム/グリチルリチン酸二カリウム/GKⅡ)を薬効成分とする甘草(カンゾウ根エキス)は、長期使用してはならないとされています。漢方薬の処方のうちの6割~7割が、甘草が配合されていますから、6割以上の漢方薬は常用は掟破りということになります。

この甘草の主要薬効成分であるグリチルリチン酸ジカリウムが外用薬として配合された場合は、配合量が低い場合は、ある程度の期間の長期使用は可能のようです。しかし外用薬の主要薬効成分として用いられた場合は、やはり長期使用は不可となるようです。

このタブーを冒して長期連用した場合の副作用としては、高血圧(偽アルドステロン症)や浮腫の発症が知られています。その他にも目に見えない怖い副作用としては、免疫低下が挙げられます。すなわち、感染症に陥りやすくなる可能性が高まるということです。

グリチルリチン酸2K配合美容液や化粧水等化粧品を長期連用したからといって、偽アルドステロン症が発生するといった事例は、今のところ報告されていないようです。しかし内用(飲用/服用)・外用にかかわらず、甘草またはその主要薬効成分であるグリチルリチン酸2Kが高配合されている製品は、ステロイド剤と同様にすべきでないということです。

あくまでも目的をもって、短期的に使用するに限って、甘草やグリチルリチン酸ジカリウム有用性を、高い安全性をもって享受できるというのが、前人の教えというわけです。その先人の教えをないがしろにしたから、ロドデノール白斑事故や加水分解小麦アレルギー事故などが発生したと、考えるべきでしょう。(続きの 連続記事第4章② へ)

■ ココログ内の類似記事

■ アメブロ内の類似記事

■ Hatenaブログ内の関連記事

■ グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ 序章(目次を含む)


コメント

このブログの人気の投稿

エチルヘキサン酸セチル配合クレンジングオイルでのダブル洗顔不要は危険

植物性 植物由来BG(1,3-ブチレングリコール)の安全性/危険性

1,3-プロパンジオール 化粧品成分としての安全性・危険性