美白効果の高いクリームや美白美容液や美白化粧水や美白パックには副作用の危険性?

 手作り化粧水 アクアダルモール

弊社公式サイト内の「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」の連続記事を追記・補完のうえ、再編成いたしました。下記は第4章の一部内容の縮小版です。詳細記事をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリック下さい。

連続記事第4章①よりの続き)

少なからずの美肌作りに悪影響を与える危険性のあるグリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸2ジカリウム/グリチルリチン酸二カリウム/GKⅡ)ですが、それではどの程度の配合量の化粧水等コスメであれば、毎日使っても安全性が高いかといえるのでしょうか?

下記は法的に定められているグリチルリチン酸2Kの、化粧品へ配合する場合の上限量です。(医薬部外品/薬用化粧品の場合は、若干の違いあり。) これらの上限量を守っていれば、偽アルドステロン症などのシリアスな副作用は発現しないであろうというものです。

① 粘膜に使用されない且つ洗い流すもの: 0.8%

② 粘膜に使用されない且つ洗い流さないもの: 0.5%

③ 粘膜に使用されるもの: 0.2%

しかしこのテーマで論じていることは、お肌を美しく保つまたは美しくすることです。すなわち上記の数値は、お肌を美しく保つことは、一切担保していません。たとえばグリチルリチン酸ジカリウムを配合したコスメ/化粧品や薬用化粧品を塗布した直後にグリチルリチン酸ジカリウムを配合していないスキンケア製品よりも著しくお肌が美白(偽美白)されるのであれば、それはすでに「血行不全」や「新陳代謝低下」の副作用を起こしているということです。

そのような偽美白効果の高い同化粧品成分配合化粧水や美容液を毎朝塗布して、たとえば夕方まで白くあり続けるということは、美肌作りに大切なターンオーバーの機会を、半日も奪っているということになります。そしてさらに就寝前にも同化粧品成分配合化粧水等を塗布したり、グリチルリチン酸配合石鹸などで洗顔をするのであれば、ほぼ一日じゅう新陳代謝がまともにできないことに!

何らかの目的があって短期的な使用であれば、グリチルリチン酸2K配合コスメの短期間の使用は、やむを得ないでしょう。しかし長期使用常用するのであれば、、お肌が白くならない程度のグリチルリチン酸2K配合品に、とどめておくべきでしょう。そして使用頻度も可能な限り少なくして、血流や肌代謝を少しでも阻害しないことが望まれるでしょう。(続きの 連続記事第4章③ へ)

■ ココログ内の類似記事

■ アメブロ内の類似記事

■ Hatenaブログ内の関連記事

■ グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ 序章(目次を含む)


コメント

このブログの人気の投稿

エチルヘキサン酸セチル配合クレンジングオイルでのダブル洗顔不要は危険

植物性 植物由来BG(1,3-ブチレングリコール)の安全性/危険性

1,3-プロパンジオール 化粧品成分としての安全性・危険性