解毒作用のあるグリチルリチン酸ジカリウム(2K)配合化粧水やシャンプーは安全性が高い?

 手作り化粧水 アクアダルモール

弊社公式サイト内の「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」の連続記事を追記・補完のうえ、再編成いたしました。下記は第5章の一部内容の縮小版です。詳細記事をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリック下さい。

連続記事第5章③よりの続き)

グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸2ジカリウム/グリチルリチン酸二カリウム/GKⅡ)には解毒作用あるといった文言を、ネットショップで販売されている化粧水等コスメやシャンプー等ヘアケア製品の宣伝文句などでよく目にします。まるで同化粧品成分が配合されているから、とても安全で身体に優しいといったイメージさえ、連想しそうになってしまいます。

確かにグリチルリチン酸2Kが抽出される甘草は、中国では古来より“Great Detoxifier(偉大な解毒成分)”とも称されていました。しかしこれは過去の記事で述べた、他の薬効成分または有効成分の働きを弱めるという一面にすぎないでしょう。なぜならグリチルリチン酸2Kには、反対に毒性を強める働きもあります。

やはり最も注意すべきことは、別の過去の記事で述べたように、平成の御代に発生した2大薬用化粧品の各商材(お茶石鹸と美白化粧水)には、グリチルリチン酸2Kが有効成分としてしっかりと配合されていたという点です。もしグリチルリチン酸2Kに優れた解毒する力があるのであれば、そのような大惨事は発生しなかったでしょう。

以上のことからグリチルリチン酸2Kに都合のよい解毒作用などは、期待すべきではありません。冒頭の同化粧品成分の解毒作用の宣伝は、非常に無責任と言わざるを得ないでしょう。むしろグリチルリチン酸2Kの、他の有効成分の毒性を強める働きに注意をすべきでしょう。(続きの 連続記事第5章⑤ へ)

■ ココログ内の類似記事

■ アメブロ内の類似記事

■ Hatenaブログ内の関連記事

■ グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ 序章(目次を含む)


コメント

このブログの人気の投稿

エチルヘキサン酸セチル配合クレンジングオイルでのダブル洗顔不要は危険

植物性 植物由来BG(1,3-ブチレングリコール)の安全性/危険性

1,3-プロパンジオール 化粧品成分としての安全性・危険性