花粉症対策になるかもしれないフキ(ふき)を食することは間接的にコロナウイルス対策!?

 手作り化粧水 アクアダルモール


この投稿記事は、弊社公式サイト内の、美容・健康情報館の記事をもとに、縮小版として作成しました。ココログ記事の「壮快」臨時増刊号への掲載に関する 前回の記事 よりの続きです。

期待半分またはダメ元で、コロナ対策としてフキを!

花粉症による目の痒みなどで、新型コロナウイルスに感染する危険性が指摘されています。手に付着しているコロナウィルスが傷付いた目の粘膜を通して感染する危険性があるからです。また咳やくしゃみを繰り返すことでダメージを受けて弱った粘膜は病原体に攻撃されやすくなります。したがいまして花粉症対策は、コロナ対策でもあるわけです。

公式サイト内の過去の記事にても、フキが花粉症対策として有効である可能性について書きましたが、私が知る限りでは、フキが好きまたはフキが食卓に上るご家庭の方には、花粉症でお困りの方はまずおられないのです。先日お話した方にいたっては、ご家族7人の方すべてフキをよく召しあがっておられていた、花粉症でお困りの方はおられないとのことでした。

フキがもし高価な食材であれば、このような記事は書かないでしょう。フキは特段高価な食材ではなく、貧富に関係なく平等に食せる食材です。花粉症でお悩みの方には、ぜひとも試して頂きたいのです。もし効果がなくても、おいしいだけでよろしいのではないでしょうか!

フキは春先の旬の食材として、和食には欠かせません。和食を啓蒙することは、少なくとも肥満等の生活習慣病発症を防ぐ効果が顕著にあることから、間接的にコロナ対策になることは明らかなことでしょう。


(アメブロの類似記事)

(はてな縮小版記事)

海藻パック マスクダルモール

コメント

このブログの人気の投稿

エチルヘキサン酸セチル配合クレンジングオイルでのダブル洗顔不要は危険

植物性 植物由来BG(1,3-ブチレングリコール)の安全性/危険性

1,3-プロパンジオール 化粧品成分としての安全性・危険性